【CryptoWeeklyNEWS】2019.05.01〜2019.05.05

【週間ニュース】2019.05.01〜2019.05.05

2019.05.01

令和初日の仮想通貨市場は好調なスタート|ビットコインを含むほぼ全てのアルトコインが緑色に点灯

2019.05.01

テザー(USDT)米ドル裏付けが100%ではなく、74%だったことが明らかに

2019.05.01

米証券取引所ナスダックがXRPベースのインデックスを発表

2019.05.01

イーロン・マスク「イーサリアムで何を開発すべき?」の問にヴィタリクが回答

2019.05.01

Tether(テザー)社が発行するステーブルコイン「USDT」は、これまで米ドルと1対1の価値で連動していると主張していたが、30日にテザーとBitfinexの顧問弁護士Stuart Hoegner氏が「USDTの74%しか米ドルで裏付けされていない」ということをニューヨーク司法長官(NYAG)に対する宣誓供述書で明らかにした。

2019.05.02

Amazon、ブロックチェーン完全管理型サービス本格始動

2019.05.02

TrustToken、カナダドルにペッグしたステーブルコインを発表

2019.05.02

揺れるUSDT、各所で警戒が強まる

2019.05.02

世界2位の送金会社、リップル社の提供する「RippleNet(リップルネット)」に参加

2019.05.02

uronet Worldwideの子会社であるRia Money Transferは、国際的な送金プラットフォームであるRippleNetのネットワークを提供するRipple社とパートナーシップを結び、ブロックチェーン技術を活用した決済ネットワーク「RippleNet」へと参加したことが明らかになった。

2019.05.03

Coinbase Wallet(コインベースウォレット)、「ドージコイン(DOGE)」のサポートを発表

2019.05.03

フェイスブック、独自の仮想通貨立ち上げに本格着手|ウォールストリート・ジャーナルが報告

2019.05.03

ゴールデンウィーク中間、ビットコイン(BTC)は62万円まで回復|ビットフィネックスの疑惑を払拭か

2019.05.03

日本特有の長期連休であるゴールデンウィークも、残すところ4日間となった本日、仮想通貨の代名詞であるビットコイン(BTC)が再び回復モードとなっている。現時点でのビットコインの価格は5,590ドル(623,238円)と、4%近い上昇率を記録しており、今年4月24日に記録した5,640ドル(628,802円)の最高値に再び到達しようとしている。

2019.05.04

フィデリティが「仮想通貨と機関投資家」に関する調査結果を公開

2019.05.04

ビットコイン(BTC)が再び、200万円へ到達するための「3つの要因」|CCNアナリスト

2019.05.04

ビットコインの価格は5,812ドルまで上昇。2019年の新たな仮想通貨ブームを確立するために、ビットコインは約7%近く急増している。この上昇傾向は2019年年始から54%の上昇率を記録し、ビットコイン復活を印象的なものとしている。そして、世界的な仮想通貨ニュースサイトCCN.comのアナリストはビットコインの価格分析を3つの要因から解説を行った。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。