ビットコイン(BTC)が再び、200万円へ到達するための「3つの要因」|CCNアナリスト

ビットコイン(BTC)が再び、200万円へ到達するための「3つの要因」|CCNアナリスト

現在、ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨市場の価格推移は、好調を続けており、2017年年末の仮想通貨バブルを彷彿させる価格の上昇率と、取引ボリュームを記録している。

ビットコインの価格は5,812ドルまで上昇。2019年の新たな仮想通貨ブームを確立するために、ビットコインは約7%近く急増している。この上昇傾向は2019年年始から54%の上昇率を記録し、ビットコイン復活を印象的なものとしている。

そして、世界的な仮想通貨ニュースサイトCCN.comのアナリストはビットコインの価格分析を3つの要因から説明している。

1、2015年からの移動平均によるパターンの形成

Factor Tradingの創設者であるPeter Brandt氏は昨日、ビットコインの価格について「将来的にビットコインは19,800ドルに達する可能性がある」と示唆した。同士のビットコインに対する価格上昇の予想は、移動平均線(MA)を使用して、この予測を裏付けているようだ。

現時点のビットコインのチャート形成は、2015年11月に現在と同様のチャート形成を作る動きが見らるという。その時のビットコインは2015年、340ドルから2017年までに19,800ドルまでの上昇しているのだ。

現在にかけての下げ幅から上昇幅に向かっているのは、2015年11月の時点で、BTCが340ドルから19,800ドルに移行したのと同じ時でした。 」

ウォールストリートの戦略企業であるFundstratのRobert Sluymer氏も、ビットコインが強気市場に多いな興味を持っているようだ。同士はビットコインについて、「最近の6,000ドルへの押し上げに続いて、当初200週間の移動平均に向けて引き戻される可能性がある」という。

CCN.comより画像引用

上記のチャートの青い曲線で示されているように、最新の急上昇したビットコインの価格は、50週ごとの移動平均線を超えている。

50週のWMA(加重移動平均線)は仮想通貨およびビットコインのこれまでの歴史で、その価格が源氏あの価格からそれを上回る傾向があり、いつでも強い強気の方向を示している。2018年5月に記録されたビットコインの激しい下落市場では、50週のWMAを下回り、その価格は3,100ドルまで下落しているのだ。

そのためビットコインが50週のMAを上回ると、強気相場の可能性が高くなるという。

2、相対強度指数の強気

最近、ビットコイン(BTC)の毎週の相対強度指数(RSI)は、2015年10月以来の最高水準である53.65を超え、今も急上昇している。

上記のチャートでは、赤い水平線で示されている現在のレベルは、強気または弱気の傾向を測定するための基準として使用されてきた。RSIは53.65を超えると、ビットコインなどの仮想通貨市場のユーザーや投資家の買い心理が大きく改善される。そして2018年1月の、RSIがそのマークを下回ったとき、大きな暴落を引き起こしたのである。

3、ビットコインが「ゴールデンクロス」を形成

CCN.comより画像引用

ゴールデンクロスは、短期の移動平均線が長期の移動平均線の上にクロスした時に形成される。

2015年10月、ビットコインの価格が300ドルで取引されていた際、現在と同様のゴールデンクロスを構成した。その後、ビットコインは最も強気な期間を経て、最終的に価格は2万ドル近くにまで急激な上昇を記録した。そして2019年4月に再び、ゴールデンクロスを形成し、潜在的な長期的な上昇のシナリオを示唆している。

これら3つの要素すべてが、ビットコインの価格が20,000ドルへの価格へと再び、トライすると考える要因であり、ビットコインをはじめとする仮想通貨市場の復活が現実的なものとなる要因だる。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。