カナダの2つの銀行でハッキングが発生 9万人以上の顧客が流出しハッカーにより身代金の要求も!

カナダの2つの銀行でハッキングが発生 9万人以上の顧客が流出しハッカーにより身代金の要求も!

仮想通貨が関連したハッキング事件が発生し、問題となっています。

カナダの2つの銀行から9万人以上の顧客に関する機密性の高い個人情報や、財務情報に勝手にアクセスできるようなハッキング被害にあったとされています。

ハッキングの被害にあった銀行は、モントリオール銀行(BMO)とSimplii金融の2つの銀行で、盗まれた情報は、名前、パスワード、口座番号、セキュリティに関する質問と回答、口座残高、社会保険番号などの秘匿性が高い情報です。

さらに、ハッカーから送信されたメールには、盗んだデータを身代金の要求のために保持しており、銀行に100万ドル(約1億円)のリップルを送信しない限り、オンラインで盗んだ情報を公開するという脅迫文が送信されています。

現在のリップルは仮想通貨の時価総額で3位に位置する仮想通貨です。

また、メールはロシアから送られたとされており、さらに、BMOとSimpliiに以下のように警告しています。

「2018年5月28日の午後11時59分までに支払いを行わなければ、90,000人も残っている顧客情報を不正行為のフォーラムや不正なコミュニティで共有する」

このハッカーの要求に対する身代金の支払い期限は過ぎていますが、今回実行したハッカーがオンライン上で顧客のデータを公開したかどうかはいまだに不明です。

このように、2つの機関は身代金を支払うつもりはないと見られています。

モントリオール銀行は声明で、「弊社の慣習は詐欺師に支払いを行うことではない」「私たちは顧客の保護と支援に注力しています。」と述べており、身代金と顧客の個人情報が天秤にかけられていく状態が続くかと思われます。

運営の見解

運営の堀口
2018年1月に大手取引所コインチェックの不正流出など、仮想通貨での問題として大きく取り上げられました。

一方で、銀行による不正取引というのは水面下で補填まで終わってしまう為、基本的には報道されることはありません。

隠蔽工作は十八番です。

問題点が多いと言われる仮想通貨ですが、実際にはトランザクションを見れば誰にでも異常を検知することが出来ます。

課題は多いことはもちろんですが、私達の生きる未来は果たしてどうなっているのでしょうか。

僕は日銀が発行するJPYトークンよりも、トラストレスなBitcoinを選びます。

だって預金封鎖とかあり得る時代ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)