Rippleが新たに5社と提携・Liskリブランディングの結果・Zaifノミ疑惑事件!?21億BTC(約2246兆円)はどうなった??・その他の市場情報

Rippleが新たに5社と提携

Rippleは以下の5社と提携を発表しました。

銀行機関

  • イタウ・ウニバンコ(ブラジル)
  • インドゥスインド(インド)

送金サービス

  • インスタレム(シンガポール)
  • ビーテック(ブラジル)
  • ジップ・レミット(カナダ

インドゥスインドとイタウ・ウニバンコとインタレムは、金融機関のリアルタイム国際送金システムに、リップルの『xCurrent』を採用するそうです。 さらに、ビーテックとジップ・レミットは、リップルの『xVia』を使い、個人の国際送金を簡単にする予定です。

リップルの提携が最近になって多くなり、またもや大きな注目が集まるかもしれません。

Liskリブランディングの結果

  1. 新ロゴの変更・発表
  2. Liskの名称の変更も噂されたが変更なし
  3. core1.0におけるゴールは全て達成、残りはテストと品質担保作業、4~6週間以内にopen beta版リリース
  4. dynamic fee systemをcore2.0で実装予定

去年のNEOのリブランディングでは価格が大きく上昇し話題になりましたが、今回のLiskの価格に大きな変化は起こりませんでした。

ロゴやウェブサイトのデザインも一新され、これからへの期待の声が多く挙がっています。

Zaifノミ疑惑事件!?21億BTC(約2246兆円)はどうなった??

国内取引所「Zaif」にてBTC、MONAを0円で売買できる状態になっていたというシステムトラブルが発生しました。 また、動画にて0円で21億BTC(2246兆円)を手に入れた(?)メンメンさんが話題になり 「犯罪者扱いされるのも怖かった」と、動画でも証拠が残されてます。 しかし、アカウントロックの後、表示残高は元に戻されたみたいです。

国内の取引所で立て続けにトラブルが発生していますが、ユーザーの信用はガタ落ちでしょう。 現在、今回のシステムトラブルの対象になった顧客7名のうち、6名は既に対応済みで、1名は対応継続中だそうです。

その他の市場情報

  • EUが今月の26日に仮想通貨規制の検討会を予定。
  • 本日22日より中国の春節の休み明けにより、仮想通貨の規制報道や、市場の動きに要注目。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)