仮想通貨取引所のcoinbaseが分散型取引所(DEX)「Paradex」を買収

仮想通貨取引所のcoinbaseが分散型取引所(DEX)「Paradex」を買収

米国のサンフランシスコに拠点を置く仮想通貨取引所のcoinbase(コインベース)は、分散型取引所(DEX)という、ユーザー同士が直接取引することができる取引所プラットフォーム「Paradex」を買収したと発表しました。

コインベースは、この買収した取引所プラットフォーム「Paradex」に対して技術的強化を行い、米国市場以外での顧客にサービスを提供し、数百もの通貨を取引できるようにするようです。

この買収によりコインベースは、ユーザーや投資家が新たに購入する仮想通貨をリストアップする際に、コインベースを介してアクセスさせることができ、通貨の種類を多く取り揃えられるメリットがあります。

2017年から仮想通貨市場はICO(イニシャルコインオファリング)ブームにより多くの新規参入がありました。新規参入したプロジェクトは約1600件以上にのぼります。

また今年の3月には、米国証券取引委員会(SEC)は、仮想通貨は有価証券であり、仮想通貨資産の交換・取引を提供するプラットフォームは、規制当局に登録しなければならないと投資家に警告しています。

規制当局による仮想通貨交換業の運営や、サービスの新規立ち上げは少なくなるでしょう。しかし、それに対し既存の大手仮想通貨プラットフォームは買収や、統合を行うことで、さらに、拡大することが予想されます。

運営の見解

運営の堀口
世界最大手とも言われる仮想通貨取引所coinbaseは、先日にERC20トークンを上場させると発表しました。

それに付随するカタチで、Paradexが買収されたという流れが分かります。

Paradexは0xプロジェクトが手がけるDEXで、このニュースにより、ZRXが高騰しました。

既にERC20トークンは数百種類と存在しますが、このParadexで扱われるか、否かが今後の重要な争点になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)