1月3日はビットコインの最初のブロックが生成されてから10年記念日!

1月3日はビットコインの最初のブロックが生成されてから10年記念日!

1月3日、ビットコイン(BTC)ブロックチェーンの最初のブロックが生成されてから10年が経過した。

ビットコインブロックチェーンの最初のブロックは「ジェネシスブロック」と呼ばれ、現在マイニングによって生成されているブロックとは少し異なる。ブロックチェーンは常にひとつ前のブロックの一部を演算を用い、次のブロックの頭となっているが、ジェネシスブロックには一つ前のブロックが存在しないのだ。

つまり、どこのブロックから遡っても、行き着く先は「ジェネシスブロック」になる。ジェネシスブロックは2009年の1月3日に50BTCの報酬で発掘され、当時はその価値は計り知れなかったが、現在の価値に換算するとおよそ190,000ドルとなる。

そして、サトシ・ナカモトが生み出したジェネシスブロックには16進コードが埋め込まれており、解読すると以下のような文脈が現れる。

The Times03/Jan/2009 Chancellor on brink of second bailout for bank

この文章は2009年1月3日に発行されたイギリスTIMES紙の、とある記事の見出しだ。

2009年1月3日 タイムズ紙:財務大臣が銀行に対する二度目の救済措置の危機に瀕している

サトシナカモトは実在するのか?

2008年の秋にリーマンブラーザーズ倒産によって、世界経済は混乱していた。この状況の中、サトシ・ナカモトは既存システムに変わる革新的な技術、管理者のいない取引と価値の保存方法を提案したのではないかとされている。

10年経った今でも、サトシ・ナカモトが誰なのかは分かっておらず、このコードの意味も明らかにはなっていない。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。