韓国の大手仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)が約300万ドル(約33億円)のハッキング

韓国の大手仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)が約300万ドル(約33億円)のハッキング

韓国の大手仮想通貨取引所であるBithumb(ビッサム)は、ハッキング被害を受け約300万ドル(約33億円)の資金が盗まれたことが判明しました。

ハッキング被害に関しての詳細はいまだに不明なところは多く、ハッキングの犯人や詳しい日付などは分かっていないが、16日頃から大量のイーサリアムがビッサムから引き出されているといいます。

ビッサムはハッキング被害に関して公式のツイッターで次のように顧客に伝えています。

[Notice for the suspension of all deposit and withdrawal service] We checked that some of cryptocurrencies valued about $30,000,000 was stolen. Those stolen cryptocurrencies will be covered from Bithumb and all of assets are being transferring to cold wallet.

— Bithumb (@BithumbOfficial) 2018年6月20日

[全ての入出金サービス停止に関するお知らせ] 私たちは、約30,000,000ドル相当の暗号通貨が盗まれたことを確認しました。それらの盗難された暗号通貨はBithumbが補填し、すべての資産はコールドウォレットに移されています。

今回、ハッキング被害にあった取引所ビッサムは、世界中のユーザーや投資家が幅広く利用しており、韓国国内での取引高が最も多い取引所です。

また取引所の対応言語の6カ国に日本語の選択が存在しており、日本との繋がりが深い取引所でもありまます。

ハッキングの詳細は公式の発表はいまだにありませんが、ハッキング探知に特化したプロジェクト「センチネルプロトコル」の韓国在住担当者によると、6月16日より取引所ビッサムのシステムに異常が発生していたようです。

その後、センチネルプロトコルによるとハッキングが実際に行われたのは19日夜ではないかとされており、ホットウォレットから資金をハッキングされたといいます。

The following two tabs change content below.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)