米証券取引委員会が詐欺的 ICOの防止のため偽サイト作成

米証券取引委員会が詐欺的 ICOの防止のため偽サイト作成

米証券取引委員会(SEC)が、投資家が詐欺的なICO(イニシャルコインオファリング)を購入しないよう「Howey Coin」と呼ばれる模擬ICOのコンテンツを立ち上げました。

偽サイトHoweyCoins.comは、巧妙なサイトで、詐欺的なICOのコンテンツをうまく表現しています。

ユーザーが「今すぐコインを購入」をクリックすると、投資家をSECが作ったウェブサイトである Investor.govへ移動します。

そしてこのサイトは、HoweyCoinsのような投資話に同意し、購入の手続きの準備をしようとすると「詐欺に遭う可能性があった」と警告してくれます。

SEC投資家教育支援局のオーエン・ドンリー主席顧問は、以下のように語っています。

詐欺ICOのウェブサイトは極めて短時間に作成でき、新たな詐欺サイトを容易に素早く立ち上げることができる

先月下旬にはSECのロバート・ジャクソン委員が、投資家は「投資と詐欺を見分けるのに苦労している」としてICO全般を批判しており、さらに、ICO市場は統制されていない証券市場の典型例だと述べました。

 運営の見解

運営の堀口
この取り組みは世界最大の仮想通貨イベントであるconsensus2018で発表され、bitflyer CEO 加納氏も自身のツイッターで触れるなど、大きな話題を呼んでいます。

今の仮想通貨業界で中核的な指針となる機関が存在しない中で、SECは市場の健全化を図ることの最前線にいるという意思表示に取れます。

ICOは画期的なイノベーションであると同時に、投資と詐欺を見分ける方法がなく、混沌とした市場になりつつある為、このような活動は仮想通貨業界の新たなビジネスモデルとして確立されていくべきでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)