デビットカードでビットコイン決済ができるWirexがカナダに進出

イギリスのロンドンに本社を構えてビットコイン決済システムを運営しているWirex Limitedがカナダに進出すると14日、自社のブログで発表した。

https://twitter.com/wirexapp/status/1040633143261388803

ブログによるとWirexは、今年8月にカナダ金融取引報告分析センターから金融関連事業の許可を得ている。
カナダ進出の理由として、カナダが国際的な仮想通貨市場において重要な意味を持っていることとイーサリアムブロックチェーン技術で先行していることを挙げている。

カナダで使われているブロックチェーン技術の例として、ブロックチェーン技術を使って顧客のデジタル資産を安全に保管することを目的としたVersaVault がある。
カナダ国立研究評議会も政府機関の透明性を高めるためにブロックチェーン技術を使い始めた。

またカナダは電力面でも仮想通貨市場で持つ意味は大きい。カナダでは10年以上、毎時100テラワットの余剰エネルギーを生み出し続けている。
一方で仮想通貨のマイニングは毎時29.05テラワットを毎年消費するため、特に自宅での高いエネルギー価格を避けようとする中国のマイナーの間で人気となっていた。

なおWirexは以前、日本でも金融サービスを提供していた。しかし資金決済法の一部改正が施工されたことなどの理由から、17年10月に日本国内でのサービス提供を一時停止しており新しいWirexカードの発行も止まっている。

この記事のURLをコピーする