ビットコイン2万ドルに上昇し、ボラティリティ急上昇の可能性大=Krakenレポート

Kraken(クラーケン)がBTCボラティリティレポートを発表

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、過去最高の20,000ドルへと向かっており、仮想通貨取引所クラーケン(Kraken)は最新10月付け「ビットコインボラティリティ(※価格変動)レポート」で価格が2万ドルに上昇し、ボラティリティが急上昇する可能性に言及した。

Krakenより画像引用

Kraken(クラーケン)は、2か月前に8月のビットコインボラティリティレポートをリリースしており、その際、年末に向けてBTCが高値を記録する予想に自信をのぞかせていた。同レポート10月版でもKrakenは強気なスタンスを維持しており、11月にはビットコインがはるかに高い価格とボラティリティの上昇を記録すると述べている。また、ビットコインは過去最高の20,000ドルを取り戻すための道を進んでいる可能性があると指摘している。

Krakenより画像引用

いつビットコインは2万ドルになるのか

Kraken(クラーケン)は、ビットコインのクジラの行動を強調。同レポートで、100BTC以上を保有しているビットコイン保有者が10月の集会を最大限に活用し、かなりの利益を上げたとコメントしている。しかし、100 BTC未満のウォレットの需要は、先月ビットコイン価格が13,800ドルを超えたことからわかるクジラの売却を十分に相殺したと言える。

ビットコインの需要がこれほど堅調なままの場合、BTCは年末に向けて回復を続けていく。

ビットコインが現在の13,000ドルから15,000ドルへと上昇するにつれ、需要が堅調に推移した場合、FOMO (Fear of Missing Out=見逃すことの恐怖)が再浮上し、ビットコインが史上最高値に上昇し始めれば、既存および新たに見つかった需要がビットコインの年末までの上昇を加速させる可能性がある。

Krakenは、クジラの蓄積もビットコイン価格を上昇させる可能性があると指摘し、今年3月と同じように、新たなブルランの可能性を探り、先月の13,800ドルの終値は、3年間の継続的な下落傾向の価格動向の後、より高値であったと述べている。

今年のビットコインの「放物線状の過去」、7月の「複数年のペナントブレイクアウト」、およびBTCの13,800ドルの価格を超えた急上昇に関連して、2万ドルがまもなく発生するとKrakenは述べている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!