英国、ステーブルコイン規制検討とCBDC計画を発表

英、ステーブルコインとCBDC計画発表

11月9日(月曜)に英国財務省は、ステーブルコインに関する今後の規制案とCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)の継続的な研究計画を発表した。

発表された内容によると、当局が個人所有のステーブルコインを規制するための草案に取り組んでいると発表。さらにリシ・スナック(Rishi Sunak) 財務大臣が、英国国内の上場制度の見直しやグリーンファイナンス(※1)の最前線に位置づけ、サポートなど、同国の金融サービス業界の他の目標とともに、2050年のネットゼロ目標を達成するのを支援する計画について概説した。
(※1)グリーンファイナンスとは、空気や水・土の環境汚染除去や温室効果ガス排出量削減、エネルギー効率改善、再生可能エネルギー事業への投資など、環境に良い効果をもたらす投資への資金提供を意味している。

ステーブルコイン(私的に発行されたデジタル通貨)などの新しいテクノロジーは、人々がお金を保管および交換する方法を変革し、支払いをより安く、より速くする可能性があります。

このニュースは、英国とEU(European Union=ヨーロッパ連合)の間でブレグジット(Brexit=英国のヨーロッパ連合離脱)後の貿易協定をめぐる交渉が1週間かけ実施されている最中に報じられた。英国のリシ・スナック(Rishi Sunak)財務大臣は次のように述べている。

私たちは金融サービスの歴史の中で新しいページを開始し、世界有数の金融センターとして英国の地位を更新します。私たちの計画は、英国がオープンかつ魅力的で規制の厳しい市場として前進することを保証します。

詳細は不十分ではあるものの、この発表でガイドライン草案では、他の支払い方法で運営されている事業体と同じ最低基準を遵守するために、ステーブルコインイニシアチブが必要になると主張している。

英国中央銀行はCBDC計画を本格検討

現在、英国中央銀行と財務省の両方が現在CBDCを調査しており、英国は近い将来、CBDCの立ち上げを真剣に検討しているとみられている。首相が2つの部門から中央銀行が現金を補完するものとして独自のデジタル通貨を発行できるかどうかとその方法に関する作業を歓迎していることも明らかにしている。

スナック財務大臣は、英国に上場したい新規企業の数を増やす計画についての詳細を提供しており、革新的なフィンテック企業が同国内に上場するのを支援するための改革を提案する新しいチームが設立されるとのことだ。

Facebook社によって2019年6月、デジタル通貨リブラ(Libra)計画案が発表された際、各国でステーブルコインの規制への影響が大きな懸念事項になった事は記憶に新しい。この問題以降、欧州の国会議員らは、金銭的主権と消費者保護を取り巻く懸念を強調し続けており、民間のステーブルコインがその管轄区域内に定着することを許可する前に、厳格で明確な規制ガイドラインの開発を一貫して求めている。これとは対照的に、英国財務省大臣は、ステーブルトークンイニシアチブが既存の決済会社と同じ監視に直面することを指摘し、急成長しているステーブルコインセクターについてはるかに率直な評価を行っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!