バグ頻発のDeFiプロトコルでユーザーは200ドルを25万ドルに変えた

200ドルが25万ドルに変わるバグ!?

ある匿名ユーザーが、Soft Yearn(SYFI)と呼ばれるYearn.financeのクローンバージョンへのマイナー投資から25万ドルの利益を上げた方法を明らかにし、関心と驚きの声が高まっている。

トークンSYFIは、供給を自動的に拡大または縮小するソフトペグ適応仮想通貨として発売されたもので、この概念はリベースメカニズム(rebase mechanism)と呼ばれるものを使用し、需要の変化を反映するように供給を調整するAmpleforthによって普及した。

ただし、クローンされたトークンのUniswap価格はリベースを考慮して調整されておらず、トレーダーは以前の価格でトークンを販売し、プール内の実質的にすべての流動性を一掃した。SYFIのリベースメカニズムの欠陥により、匿名ユーザーは、9月3日の最初のリベース中に大量のトークンを取得できたと語っている。

TwitterハンドルAmplifyを使用するDeFiトレーダーは、わずか0.5 ETHの初期投資から740 ETHを相殺した人物が自分であることを認めた。これは、200ドルのレイアウト(投資)でおよそ250,000ドルの利益をもたらした。このDeFiユーザーの普段の生活ぶりはというと、最低賃金で仕事をして居る労働者であり、自宅で家族を支えるために働いている。彼は仕事をする小さな取引口座を持っている普通の人物だ。

このユーザーは、さまざまな取引手法を試し、プロジェクトの信頼性を確認した後、定期的に新鮮なUniswapリストを「先取り」していると述べている。SYFIを取り巻くFOMOに続いて、これはリベースの直前に彼が2 SYFIをそれぞれ$ 100で購入したことだった。

2 SYFIが15,551に変わり、続いてこれらのトークンの価格見積りが740ETHを超えると、息を呑むようなUniswap UIを見つめている。

匿名ユーザーは、このコードを意図的に悪用したり、スマートコントラクトにハッキングしたりすることはせず、並外れた利益が偶然であることを認めたと述べている。

誰かを傷つける意図はなかった。SYFIチームが失敗することを望んではいません。ここに悪意はありませんでした。私は機会を見ました、あるいはあなたがそうするなら取引しました、そして私はそれを取りました。

多くのDeFiフードトークンが最近行われたように、最初にSYFIトークンの価格が急上昇したが、プロトコルのバグが悪用されたため、1日以内にほとんど何も崩壊していない。コードには別のバグもあり、リベースの価格設定メカニズムにも影響を及ぼしていることから、ソフトイヤーンファイナンスは、エクスプロイト(脆弱性を利用したソースコード)発見時に説明を投稿している。

Uniswapの分析によると、Soft Yearnプロジェクトは、その評判のほとんどを失い、流動性とボリュームは完全に消滅している。未監査コードの修正を提供するSYFI v2に取り組んでいると主張しているが、すでに遅すぎるかもしれないと指摘している。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!