日本銀行、6つの中央銀行と協力|中銀デジタル通貨の共同グループ設立

日本銀行、6つの中央銀行と協力|中銀デジタル通貨の共同グループ設立

日本銀行は21日、6つの主要な中央銀行らと協力し、電子マネーや中央銀行デジタル通貨(CBDC)の潜在的な可能性を調査することを目的に、共同研究を行うグループを立ち上げた。

今回発表された主要な中央銀行は日本銀行をはじめ、カナダ銀行、イングランド銀行、欧州中央銀行、スウェーデン・リクスバンク、スイス国民銀行、国際決済銀行(BIS)が参加する。これらの中央銀行は、CBDCの「活用可能性の評価に関する知見を共有するために、グループを設立」したという。

前ECB理事会メンバーでBISイノベーションハブの責任者とBoE副知事がグループの共同議長を務め、参加機関の幹部で構成される。もちろんグループを設立の設立目的は、中央銀行デジタル通貨に関する活用の可能性について話し合われるだけではない。昨年発表された、フェイスブックが構想する仮想通貨リブラなど、世界の中央銀行が危惧するデジタル通貨も対象となるようだ。

これらの中央銀行デジタル通貨への考え方は、決済システムと国境を超えた取引の改善を支援するために世界中の人々から注目されている。欧州中央銀行に関しては、昨年12月からデジタル通貨への議論を交わしている。

欧州中央銀行、独自デジタル通貨について議論

2019.12.12

それに対して日本銀行は擬態的な議題には至っておらず、日本銀行の黒田晴彦総裁は、「日本のデジタル通貨に需要はない」と見解を示している状況だ。今回のグループ立ち上げによって、日本の独自デジタル通貨への関心が加速することを願う。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。