取引所ポロニエックス、「1日1万ドル」までKYC登録なしに

取引所ポロニエックス、「1日1万ドル」までKYC登録なしに

仮想通貨取引所ポロニエックスは、KYC(本人確認)を必要せず1日に「1万ドル(約110万円)」まで出金することが可能な出金サービスを発表した。ポロニエックスは出金サービスをレベル1、2に分類し、ユーザーが使用できるサービスを区別している。

レベル1のアカウントでユーザーは、メールアドレスとパスワードを入力し、メールを確認するだけで、無制限取引、無制限入金、1日あたり1万ドルの出金サービスを使用することができる。また、発表ではレベル1のアカウントでは、ほとんどのサービスがを使用できるが、レベル2のアカウントには以下のようなメリットがあるという。

「アカウントへのアクセスを失った場合の証拠金取引、貸出、迅速な解決など、いくつかの利点があります。」

KYC登録なしの取引所とメリット&リスク

世界各国にはポロニエックス同様に、KYCを必要としない口座サービスを提供している仮想通貨取引所がいくつか存在している。その代表例としては、世界最大の取引量を誇るバイナンスがいい例である。バイナンスがここまで成長した背景には、新規ユーザーの獲得が大きな要因の一つであろう。

仮想通貨取引所の収益については、取引所における仮想通貨トレードの手数料収益は、存続させていくために必要不可欠である。この背景を考えると、新規ユーザーの獲得は重要な戦略の一つである。

しかしその反面、仮想通貨市場としてのリスクも存在する。昨今、大きな問題として取り上げられるマネーロンダリングとテロ資金だ。この両問題について、仮想通貨のニュースで取り上げられることが多く、その大半が仮想通貨取引所が関係している状況だ。

「仮想通貨取引所BitMEXは私に、大規模なマネーロンダリングをカミングアウトした」=米経済学者Nouriel Roubini

2019.07.19

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。