ドイツ、EUの仮想通貨規制と資本市場への取り組みを加速したいと考える

EUの仮想通貨市場を規制したいドイツ

24日、ドイツのオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)財務相は、ドイツはEU(欧州連合)における仮想通貨資産の規制と資本市場の深化を目的としたユーロ圏の金融改革 (仮想通貨の規制枠組みの開発) を加速すると発表し、仮想通貨市場とブロックチェーン技術の規制に関するEUの最新の提案を歓迎した。ロイター通信が報じた。

ショルツ財務相は、フェイスブック(Facebook)社が開発を進めるLibraステーブルコインなど、民間プロジェクトで使用されている仮想通貨資産とその基盤となるブロックチェーン技術の規制に関する欧州委員会の最新の提案を歓迎すると述べた。

現在ドイツは27メンバーのブロックの交代議長を務めていることから、同財務相は、10月6日に開催される次回のEU財務相会議の議題に新しい改革パッケージを入れると述べており、ショルツ財務相は次のように付け加えた。

ヨーロッパの金融セクターを本当に強くするための重要な提案で、目標は議論を早急に進めることです。新改革によってEUは“ヨーロッパが世界的な基準を設定”するように金融セクターの革新を促進する計画だ。このパッケージによって、欧州が世界的な基準を設定できるように、金融セクターのイノベーションを促進できる。欧州委員会のブロックの資本市場拡大の提案にも当てはまり、資本市場を深めるための提案は、地域がコロナウイルスショックからより迅速に回復するのを助けるかもしれない。全力で危機を脱するために、特に中小企業は資本市場の資金調達への良好なアクセスを必要としている。

仮想通貨リブラ、2020年実現は不可能か

2019.12.23

9月にECB(European Central Bank=欧州中央銀行)は、識別可能なエンティティに対する負債を伴うステーブルコインは「既存の規制基準」に従う必要があると述べている。最近公開されたレポートでは、ECBは「ステーブルコイン(stablecoin)」という用語は、適切な設計と効果的なリスク管理を通じてのみ安定されると主張しており、規制当局は資産の潜在的な購入者が誤解されないように、期間を変更することを提案している。

一方、OCC(Office of the Comptroller of the Currency=アメリカ通貨監督庁)は、アメリカの金融機関は、ステーブルコイン発行者に代わって準備金を保持できるとの通達を出している。

なお、先日の欧州委員会は、その当局者が仮想通貨資産とその基盤となるブロックチェーン技術に関する世界で最も包括的な一連の規則として説明したものを作成する計画を打ち出しており、EUの政策立案者たちは、FacebookがLibraステーブルコインを、適切なルールが整うまで一括でローンチすることは許されるべきではないと述べている。

「中銀が民間のデジタル通貨のソリューションを排除すべきではない」=欧州中央銀行総裁

2020.01.10

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!