米国の規制当局、ゲーム内トークンを承認する可能性

ゲーム内トークンを承認する可能性を米国弁護士が示唆

オンラインゲームのトップ弁護士であるジェフ・イフラ(Jeff Ifrah)氏によると、米国の規制当局は、ゲームでプレイを延長したり、レベルをスキップしたり、特定の力を獲得したりするために提供されるトークンに問題がある可能性は低いと述べていたことが分かった。

イフラ弁護士は、NFTをめぐる最近の活発な活動についても楽観的な見方を示しており、次のように語っている。

今はとてもエキサイティングです。規制当局が台無しにしないことを本当に望んでいます。

同弁護士は、NBAのトップショットを選び、NBAやレブロンジェームズのようなスターの支持が規制当局にプラスの影響を与える可能性があると述べている。米国における規制は、現在の州によって異なることを強調し、最終的には規制当局のオペレーターが仮想通貨を受け入れることを許可するかどうかであると述べている。

イフラ弁護士によると、アメリカでギャンブルにデジタル通貨を使用することについての法律に書かれている禁止事項はなく、規制当局が代替支払いの形態としてそれを承認していないだけであると解説している。これは、規制当局が銀行やクレジット会社などの決済システムのオンボーディングに最初に関心を持っているためである。

米国の多くの州では、仮想通貨関連企業が運営するために送金業者のライセンスを取得しなければならず同弁護士は次のように警告している。

ライセンスされていないある種の支払い処理を受け入れるとしたら、処理業者として規制当局とトラブルを起こすだけでなく、オペレーターのライセンス全体を危険にさらすことになります。


ブロックチェーンにも言及

ジェフ・イフラ弁護士はブロックチェーンの使用についても言及している。

同弁護士は、規制当局は最低レベルのライセンスのみを必要とする可能性が高いと語っており、津尾局側は、誰がその技術を所有しているのか知りたいと思うでしょうが、それ以上に複雑なことはないと語っている。

ビットコインとオンラインギャンブルが完全に合法であり、適切にライセンスされている国でサイトが運営されている場合でも、米国に物理的にいる誰かがあなたのテクノロジーにアクセスすることを許可すると、リスクにさらされることになる。全体として、米国の規制当局は、オンラインゲームの分野でデジタル通貨を考慮するのに時間がかかっているものの、同弁護士は、規則を明確にし、必要に応じて規制を施行するために、州の規制当局はライセンス制度から資金を確保する必要があると考えています。

果たしてイフラ弁護士の見解のように、ゲーム内トークンは問題がある可能性は低く、楽観視できる日が来るのか、多くのユーザーが固唾をのんで見守っている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。