スウェーデン中央銀行、デジタル通貨トライアルの第1フェーズを完了

スウェーデン中央銀行がデジタル通貨第1フェーズ完了を報告

スウェーデンの中央銀行であるSveriges Riksbank(スウェーデン国立銀行)は、デジタル通貨の実証実験の最初の部分を終了した事を正式に発表した。

当局は、スウェーデン人が毎日の購入にe-kronaを使用する前に対処しなければならないいくつかの深刻な問題に遭遇したことを指摘しており、E-kronaパイロットステージ1報告書を通じてこのニュースを発表。銀行は、小売購入を安全に処理できることを確認するため、ブロックチェーンをさらに調査する必要があると考えていると述べている。

銀行は限られた環境ではなく大規模な環境での結果を望む

パイロットの最初のフェーズでは、ブロックチェーンがe-kronaをサポートするためのパフォーマンスニーズを満たしていることがわかったものの、銀行はテクノロジーが限られたテスト環境で達成した結果であると述べている。ブロックチェーンが大規模環境下で小売トランザクションを完全に処理できることを確認するには、さらに調査する必要があるとみている。

また、Riksbankはスケーラビリティの懸念を提起。ブロックチェーンがe-kronaをサポートして、その使用が現金と同様になるようにする必要があると述べた。これに加え、新しいトランザクションを完了するために新しいトークンも作成する必要があり、その過程で大量の情報が発生するため、高性能なシステムが必要になるとみている。

事実を正しく理解するために取り組む

プライバシーに関して、Riksbankは、ユーザーがデジタル決済を行うたびにプライバシーの懸念を提起することなく、ブロックチェーンが単一のコインがトランザクションでどのように使用されたかを監視できる必要があると述べた。

Riksbankプロジェクトを率いるミスラ・サンドバーグ(Mithra Sundberg)氏は、デジタル通貨が何をする必要があるかを正確に理解する前に、テクノロジーに固執することを避けることが重要であり、銀行は現金に取って代わるものではなく、タスクを進めるには、リリースする前に新しい法的枠組みが必要になる可能性が高いと述べている。

ブロックチェーンは新しいトランザクションの信頼性を検証するために以前のトランザクションの完全な記録を必要とするため、銀行は銀行秘密の要件を満たすことができるかどうかを疑問視している。したがって、e-kronaトランザクションに含まれる、トランザクションに関与する顧客および参加者以外の顧客および他の参加者に関する情報は、銀行秘密を守り、個人データの開示を回避するような方法で保護する必要があります。

Riksbankは現在、e-kronaの取引履歴に保存されているデータの範囲と、それが個人情報を含んでいるかどうかを分析しており、銀行秘密法が情報を考慮しているデータの量を見つけるために取り組んでいるとのこと。

これら複数の問題にぶつかり、2026年まで延期される可能性があることを示唆しているにもかかわらず、Riksbankはアクセンチュアと協力してe-kronaの立ち上げの実現可能性をテストし続けると述べた。プロジェクトの前進に、第二段階で潜在的なe-kronaディストリビューターを紹介することを目指しており、Riksbankは、ディストリビューターの内部システムがe-kronaネットワークと連携できるかどうかを今後調査していく構えだ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。