Yearn.finance、新しいステーブルコインベースDeFiプロトコルを準備

yearn.finance からStableCredit の発表

本日11日、人気のyearn.financeプラットフォームの作成者によって発表されたのは、現在デジタル資産貸付プロトコルを推進しているガバナンストークンの大流行から脱却しつつあるもので、市場関係者らも高い関心を寄せている。作成者は最近Twitterで、DeFiの現状について「縮退金融」と呼んだアンドレ・クロニエ(Andre Cronje)氏だ。

yearn.finance公式ブログにて、クロニエ氏はStableCreditについて段階別に詳しく解説。その中で、トークン化された債務ステーブルコイン、貸付、自動化されたマーケットメーカー(AMM)、および片面AMMのエクスポージャーを組み合わせ、完全に分散した貸付プロトコルを作成するプロトコルであると本日発表されたStableCreditについて語っている。

ここで注目したいStableCreditの特徴であるが、任意のアセットを提供し、StableCredit USDと呼ばれるトークン化されたクレジットを作成できる点だ。USDだけではなく、EUR、JPYなどもサポートできることから、日本市場でも注目されそうだ。

ユーザーはいくつかのUSDCを投入する。USDCはペッグされたステーブルコインのため、各単位はおよそ1.00ドルになるはずだ。USDCはドルに固定されたステーブルコインだが、それが常に1.00ドルに等しいことを意味するわけではない(※昨年、1.01ドル以上でほぼ1カ月を費やし、0.97ドルを2度も下回っている) ので覚えておきたい。価格オラクルは、ドルをUSDCのステーブルコインに変換するために使用され、プロトコルミント『x * USD値StableCredit USD』ではじき出されたレートでStableCredit USDをミントする。

USDCおよびStableCredit USDは50:50 AMMに提供され、等しい部分のUSDCとStableCredit USDは、自動化されたマーケットメーカーに入り、これらの資産の合計値を等しく保ち、プロトコルでは、最大75%までのシステム使用率を計算します。
提供されたUSDCの使用率(または最大75%)の値は、StableCredit USDとして作成される。

その後、状況はどういうわけか、より複雑になっていく。しかし、最終的に得られるのは、特定の金額のStableCredit USDで、これは米ドルのトークン化されたバージョンであり、AMM内の他の資産を借り入れるための担保として使用できる。

仮想通貨研究者であるハス(Hasu)氏は、他のDeFiプロトコルのように見える場合でも、1つの重要な違いがあると述べており、イノベーションはガバナンスのない貸し出しプロトコルで、トークン投票者やユーザーから家賃を引き出す必要はないと解説している。

現在、ガバナンストークンは大流行の真っ最中だ。最初にプラットフォームとコンパウンドを貸し、次にシンセティックス(Synthetix)を交換。次にプロトコルAaveを貸し出している。それから、プラットフォームとプロトコルの制御を再利用する方法として、誰もがガバナンストークンを使い始めたのだ。

ガバナンストークンは、流動性を提供する代わりに、ユーザーに投票権またはガバナンス権を与えることでユーティリティを提供することを目的としている。しかし、ユーザーが興味を持って活用しようと考えると、それ自体がホットプロパティーになる。

クロニエ氏自身のYFI、つまりyearn.financeのガバナンストークンは33,000ドルを超えて取引されているが、同氏は「0の財務的価値」を持つように設計されていると述べている。いまここでStableCreditがもたらす経済的価値を知ろうとするのは時期尚早と言える。クロニエ氏によると、ユーザーインターフェースは今月後半に準備が整うと述べている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!