フェイスブック、支払い関連の財政的努力を監督する新グループを設立へ

Facebook社が新プロジェクトを発足

フェイスブック(Facebook Inc.)社が10日、商取引と金融への幅広い進出の一環のため、新プロジェクトを設立した事がブルームバーグの報道で分かった。

同社ではこの新プロジェクトFacebook Financialを「F2」と呼んでおり、同社の仮想通貨の取り組みプロジェクトも主導するデヴィット・マーカス(David Marcus)氏率いる同グループが、Facebook Payを含むソーシャルネットワーキング内すべての支払いプロジェクトを監督していく予定とのこと。

マーカス氏は、以前はカリブラ(Calibra)として知られていたFacebookの構想するリブラ(Libra=仮想通貨)と連携するように設計されたデジタルウォレットであるノヴィ(Novi)を引き続き実行させ、インドやブラジルなどの国でWhatsAppの支払い活動に関与していくという。

元Upwork Inc.のCEO(最高経営責任者)、ステファン・カスリエル(Stephane Kasriel)氏が同部門の副社長に任命され、就任にともない

フェイスブック全体で多くの商取引が行われており、すべての支払いに関して企業レベルで戦略を合理化することは正しいことだと感じた。

と語っている。

Facebookは、ユーザーがWhatsApp、Instagram、Facebookから送金できるようにするため、2019年11月にFacebook Payを立ち上げているが、これは独立した取り組みで、同社は、さまざまな金融プロジェクトを同社サービスと結びつけ、最終的にはそれらすべてをより密接に結び付けることを目指しているという。

今回の構想が実現するかどうかは別問題とみられており、同社のビジネスへの取り組みは、これまでのところ問題も多く、少数市場以外では今のところ大きな成果を見せていない。その理由として、マーカス氏が率いるリブラ構想が、構想発表直後から一気に問題点が噴き出したように国際社会から“NO”を突き付けられている。そのため、当初の計画を放棄し、今年4月にステーブルコインへと当初の構想とは大きく変更した案が発表される結果となっている。

大手メディアの報道によると、プロジェクトの現在の状況は不明確だが、ノヴィが正式な手順に沿って、OCC(Office of the Currenc=アメリカ通貨監督庁)に申請書を提出しており、表舞台にはまだ出ていないものの、Facebook社の新たな構想が着実に進んでいることがうかがえる。

Facebookは、新グループによってさまざまなサービスのため、ユーザーを利用する機会を提供できることを望んでいる。ユーザーがInstagram、Messenger、およびWhatsAppで購入できる場合、Facebookの広告はより価値が高くなり、ユーザーは同社アプリ内でより多くの時間を過ごすことになるとみられる。

なお、現段階でFacebook社は今回のビジネス新ユニットについて、正式な発表はしていない。また、ウォール街の金融市場では、今回の同社の動きに大きな反応は見られず、月曜日の同社の株価は2.03%下落し、263ドルで取引が終わっている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!