IDCはCOVID-19の影響で、ブロックチェーン業界の中長期的な成長を予測

IDCはCOVID-19の影響で、ブロックチェーン業界の中長期的な成長を予測

アメリカの調査会社IDC(インターナショナルデータコーポレーション)は、ヨーロッパにおける一般企業の支出の成長率はCOVID-19の影響を受け、一時は減少するが中長期的に捉えた場合、ブロックチェーンの成長が世界経済の回復と拡大に寄与することを予測している。

過去に出されたIDCの経済予測では、2020年の段階でヨーロッパ全体のブロックチェーン支出が14億5000万ドルになり、2023年までのCAGR(年平均成長率)が58%になると予測していたが、2020年の支出は前回予測より約8%減少と下方修正を行なった。しかし、ブロックチェーン特有の透明性や真正性はアフターコロナの時代を生きる上で非常に重要な役割を担うことになるだろう。

現在世界中の各産業はコロナショックの影響を強く受けている。サービス業界の業績不振、経営破綻や、サプライチェーン、医療体制の崩壊など、これまでの業務効率を図るための中央集権的に富を還元する仕組みを見直し、分散的にコンソーシアムで管理する仕組みが求められている。IDC欧州ブロックチェーン・プラクティスの共同責任者、カーラ・ラ・クローチェ氏は発表で、ブロックチェーンの可能性について以下のように述べている。

「ブロックチェーンのイノベーションは一時的に鈍化しますが、我々はCOVID-19によるサプライチェーンへの影響を緩和する可能性があると考えています。ブロックチェーンは透明性を提供し、データサイロを破壊すると同時に、強力なセキュリティと単一の真の情報源を保証します」

IDCが言及するCOVID-19に関連するブロックチェーンユースケースとして、トレーサビリティー、保険のエスクローサービス、災害救助、投票情報の真正性担保など幅広く含まれている。

コロナによる各国の緊張感が以前続く中、経済活動を再開するための指針の一つが感染経路の確定である。そのためには人の流れや作業内容を改ざんなどの偽造を防ぐ形で記録し、コンソーシアム内、或いは不特定多数の人員が共有する形がどうしても必要だ。この先多くのプロジェクトがアフターコロナの未来を明るく照らしてくれることに期待したい。

リップル社CEO、コロナが会社に与えた影響を説明

2020.03.20

新型コロナウイルス 特設ページ

2020.03.24

ABOUTこの記事をかいた人

まさ@ブロックチェーン研究家

外資系の医療機器、エネルギー関係の企業で5年間営業として従事した後、今後は個人にスポットが当たる時代だと考え、ブロックチェーンの持つトークンエコノミクスの世界観に感銘を受け、少しでも情報源として役に立てるよう日々発信しています。 現在は 実際にコードを書いたり、 イベントに足を運ぶなど精力的に 活動を行ない情報を発信しています。