Bitcoin Core0.16.3がリリース|ビットコインネットワークを壊滅する致命的なバグを改善

9月18日、Bitcoin CoreコミュニティはBitcoin Coreバージョン0.16.3を同日よりリリースすると発表した。

今回リリースされたBitcoin Coreバージョン0.16.3は、DoS(Denial of Service)と呼ばれる二重のインプットを含む同じ量のトランザクション及びブロック処理をする際、以前までのBitcoin Coreソフトウェアではビットコイン・ネットワーク全てがダウンする危険性があった。しかし、今回の修正版のリリースによりこれらの問題が改善されたとしている。

Bitcoin Coreの発表によると、DoS(Denial of Service)はBitcoin Core0.16.2までのバージョンに影響を及ぼすため、直ちに0.16.3のバージョンにアップグレードすることを求めている。

2重インプットのよってトランザクションやブロックを処理された場合、生成されたブロックは無効であり、悪意あるマイナーによって少なくとも12.5BTC(約8万ドル / 約880万円)のコストで不正なブロックを作成することができてしまう可能性があったのだ。

この不正なブロックの生成はビットコインネットワーク全てがダウンする可能性があったのだが、今回リリースされたソフトウェアはそのような不正なブロックを拒否することができると報告されている。

今回のBitcoin Coreバージョン0.16.3に対してBitcoin.orgの匿名共同所有者とされている通称「Cobra(コブラ)」はTwitterにて次のように述べている。

ビットコインの非常に恐ろしいバグは、任意の不正なマイナーによって悪用された場合、ビットコインネットワークの全てを壊滅している可能性があった。

また、コーネル大学のコンピュータサイエンスの准教授Emin Gun Sirer氏も、「「8万ドルでビットコインネットワーク全体をダウンさせる可能性があった。」と述べている。

ビットコインと同様のコードを使用している仮想通貨Litecoin(ライトコイン)も、同日の18日、このバグに対しての対応を既に行なっており、今回のアップデートでビットコインは大きな問題の一つを解決できた。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。