【仮想通貨】 Ontology(ONT / オントロジー)詳細・特徴

Ontology(ONT)とは?

NEOを運営している企業Onchainから誕生した、新しい高性能パブリックブロックチェーンプロジェクトであり、分散型トラストコラボレーションプラットフォームです。

分散型トラストコラボレーションは、パブリックチェーンや、マルチチェーンなど様々な呼び方がありますが、異なるチェーン間の共有や情報の管理を実行することができます。

Ontologyは、中国で誕生し多くの人気を集めている仮想通貨NEOからエアドロップしており、最近なにり急上昇しています。

さらに中国の大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)に上場したことにとり一層、人気が集まっています。

Ontology(ONT)基本情報

Ontology(ONT)特徴・詳細

パブリックブロックチェーン

Ontology(オントロジー)は、高性能のパブリックチェーンを兼ね備えており、異なるチェーン間の共有や情報の一括管理を実行することができます。

一連の完全分散台帳とスマートコントラクトシステムを搭載し、今までになかった高性能パブリックブロックチェーンを実現することができます。

また、時価総額3位のリップルに匹敵するほどのトランザクション能力も持ち合わせているため、情報の処理能力において懸念材料はありません。

企業間での活用はもちろんのこと、個人間での活用も可能です。

情報管理プラットフォーム

現在の世の中は、情報を一括で管理することが困難であり、サポートをしているプラットフォームや、信用できるコンテンツはありませんでした。

Ontologyプラットフォームでは、情報管理やデータ収集を効率的に行えます。

企業や、個人ユーザーは公共機関や、銀行、企業、プライベート間などの、様々場所にある情報データをOntologyプラットフォームで一括管理できます。

ブロックチェーンの改ざんできず透明性がある特徴を利用して、安心安全に自分の情報データを利用できるため、様々なサービスを活用することも簡易的に受けることができます。

スマートコントラクト「Smart X

Ontologyは4月30日、「Smart X」というスマートコントラクトを発表し、利便性の高いスマートコントラクトを実現することができます。

情報データをOntologyプラットフォームで一括管理は、スマートコントラクト「Smart X」により情報、管理、追跡などの分野で自動契約することができます。

最も有名なイーサリアムのスマートコントラクトは、「Solidity」と呼ばれる独自言語を採用しているため、開発するためには専門的な知識などのハードルが高くなっています。

スマートコントラクト「Smart X」は、開発言語として NeoVM-based C# と Python に対応したことで開発が簡単になりました。

NEOとOntologyの関係性

Ontologyは仮想通貨NEOのブロックチェーンベース「Nep5」から誕生した通貨になります。

ONTトークンはICO(イニシャルコインオファリング)はしておらず、ニュースレターに登録したユーザーに1000 ONTがAirDrop(エアドロップ)されました。

NEOの創設者であるDe Hongfei氏が、Ontologyの創立者と同一人物です。

NEOは様々な言語でプラットフォームでトークン開発できる特徴を持っていますが、アップデートにてOntologyにも実装されると発表がありました。

また、Ontologyは将来的には、NEOと統合されると発表されており、NEOとOntologyの関係性には注目していきましょう。

Ontology(ONT)取り扱いおすすめ取引所

 

Huobi

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする88種類以上
  • 取引手数料    : 0.2%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】Huobiの特徴・詳細

2018.04.17

Huobi(フオビ)は香港に拠点を置く仮想通貨取引所であり、現在の取引高が第5位と多くのユーザーに使用されています。

現在は提携は解消されていますが、日本の大手金融機関であるSBIホールディングスと以前まで提携していました。しかし、取引所のサポートも日本語対応が開始されているので、日本人と関わりが深い取引所として注目の取引所となっています。

Huobi取引所は独自トークンである「Huobi Token(HT)」を発行したことになり話題となっています。

Binance

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする70種類以上
  • 手数料      : 0.1%~0.05%
  • セキュリティ   :★★★★☆

【仮想通貨取引所】Binanceの特徴・詳細

2018.03.19

中国の大手仮想通貨取引所で、取引量は世界でも1.2位を争うほどの人気です。中国の取引所なので中国系の仮想通貨を多く取り揃えていますが、仮想通貨先進国の日本で人気の仮想通貨も多く取り揃えています。取扱種類は70種類を超えると言われています。

最大の特徴は、取引手数料がBNB(バイナンストークン)を使用して取引を行うと、手数料が0.1%から半額の0.05%になります。仮想通貨取引での0.05%は非常に安く人気の理由のひとつです。

Binanceは人気の仮想通貨をいちはやく取り入れるため、Binanceをチェックすることで、どの仮想通貨が今人気なのかを知ることができます。さらに、公式の発表で全てのハードフォークに対応することを公表しており、BTCをBinance内で持っているだけでハードフォークコインが付与されます。

OKEx

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする100種類以上
  • 取引手数料    : 0.02〜0/2%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】OKExの特徴・詳細

2018.05.28

OKEx(オーケーイーエックス)は、香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。
2018年5月28日時点で、日本でも最も知名度の高い取引所のBINANCEを抑え、24時間取引量第1位となっています。
取扱銘柄も豊富で、世界最大級の取引所と言えるでしょう。

保持することによって様々な恩恵が受けられる、独自トークン「OKB」も発行しています。

The following two tabs change content below.

nextmoney

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。