【仮想通貨】 VeChain(VEN / ヴェチェイン)詳細・特徴

VeChain(VEN)とは?

VeChain(VEN)とは、BitSEという会社でVENトークンや、サービスを利用するために誕生した仮想通貨です。

VeChainの最大の特徴は、ブロックチェーンの改ざん出来ないという特徴を生かして「商品の真贋性・商品の追跡・商品の情報」などを手に入れることができる、分散型アプリケーションです。

ブロックチェーン

分散型の公開台帳であり、最も長いブロックチェーンを正しいとする決まりがあるため改ざんするのが難しいとされている。

中国や韓国をはじめとする各国では、偽物のブランドが出回っており、多くの消費者が偽ブランドと知らずに商品を購入してしまうと言う被害が後を絶ちません。

このような問題や、さらなる様々な情報を正確に簡単に手に入れることができるのが、VeChainと言う仮想通貨になります。

VeChain基本情報

VeChain(VEN)特徴・詳細

商品の真贋性と技術

冒頭でも説明したように現在、世界中で偽物のブランドや情報などが出回っており、商品の本来の価値や情報を受け取ることができなくなっています。

このような現状を変えるためにVeChainは、NFCチップという正しい情報を認識することができるチップや、QRコード、RFIDタグなどをあらゆる商品に埋め込み、チップの情報をブロックチェーン上で管理することで本当に正しい情報なのか判断することができます。

世界中の IoT(物をインターネット経由で通信させること)とブロックチェーンを活用し、商品情報を効率的に分かりやすく伝えることができます。

また、スマートフォンを使用すれば、いつどこにいても商品情報を確認することが可能になります。

あらゆる分野で活躍

NFCチップや、QRコード、RFIDタグなどをすメートフォンで読み取ることができることで、あらゆる分野で活用することができます。

IOTとブロックチェーンの融合でどのような分野で活躍するのか、説明していきます。

  • 食料品・医療品

食品安全は世界的な関心事です。VeChainは、食品と医薬品の一意のIDを作成することで、すべてのユニットを起源からデジタル化し、消費者に届くまで製品を追跡します。

これにより、消費者と生産者は、製品ライフサイクルを通じて食品と薬物を監視し追跡することができ、生産された商品がいつでも国境を越えて小売店に出荷され、商品を購入する前に消費者の信頼と信頼を高めることができます。

 

  • ブランド品

VeChainは、ヨーロッパの有名ブランドブランドと協力して、カスタマイズされたNFCチップを皮革製品に組み込み、改ざん防止用の偽造防止ソリューションを実現しています。

これらのチップを使用して、VeChainブロックチェーン技術を使用してエンドツーエンドで製品を追跡し、ライフサイクル管理を改善することもできました。

消費者は、VeChainモバイルアプリケーションまたはNFCリーダーを使用して組み込みチップをスキャンするだけで、製品の背後にあるユニークな「ストーリー」を知ることができます。

 

  • 政府

市町村の政府機関はノードとしてブロックチェーンネットワークに参加しています。Blockchainを使用すると、分散化とデータ元帳の変更が不可能になります。

これにより、透明な情報交換とコラボレーションが可能になり、インターネット上の政府サービスのセキュリティと効率を大幅に向上させることができます。

 

  • ロジスティクス

製造業者、物流、保管、小売業者、流通業者の各企業で構成されているサプライチェーンでは、各社はサイロで運営されており、独自のガバナンスを持っています。

VeChainはブロックチェーンを使用して、各社が所有するデータのプライバシーを維持しながらサイロを破棄することで、各社間の情報の流れを強化します。

それは効率的な物流プロセスをもたらし、革新的なビジネスモデルのためのスペースを作ります。

 

  • 農業

VeChainは、IoTデバイスと組み合わせて、農業業界の実践に対応するために、ブロックチェーン駆動のクラウドサービスを提供しています。

管理された環境における農作物の正確さと正確なデータ収集により、その環境を監視し、作物の量と質を確保すると同時に、環境への悪影響を最小限に抑えることができます。

 

リブランディング

2018年2月26日にリブランディングが行われ、名称がVeChainからVeChain Thorに変更し、トークンが2つに分かれました。

VeChain Toke(VET) : 主に企業間で使用されるトークンで、持っているトークンの量に応じて優先順位が高くなります。

Thor Power(THOR) : 個人用でVeChainに投資に使われるトークンで、VETを保有量に応じてマスターノードを立てることで獲得できます。

 

VeChain(VEN)取り扱いおすすめ取引所

 

Binance

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする70種類以上
  • 手数料      : 0.1%~0.05%
  • セキュリティ   :★★★★☆

【仮想通貨取引所】Binanceの特徴・詳細

2018.03.19

中国の大手仮想通貨取引所で、取引量は世界でも1.2位を争うほどの人気です。中国の取引所なので中国系の仮想通貨を多く取り揃えていますが、仮想通貨先進国の日本で人気の仮想通貨も多く取り揃えています。取扱種類は70種類を超えると言われています。

最大の特徴は、取引手数料がBNB(バイナンストークン)を使用して取引を行うと、手数料が0.1%から半額の0.05%になります。仮想通貨取引での0.05%は非常に安く人気の理由のひとつです。

Huobi

  • 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする88種類以上
  • 取引手数料    : 0.2%
  • セキュリティ   : ★★★★☆

【仮想通貨取引所】Huobiの特徴・詳細

2018.04.17

Huobi(フオビ)は香港に拠点を置く仮想通貨取引所であり、現在の取引高が第5位と多くのユーザーに使用されています。

現在は提携は解消されていますが、日本の大手金融機関であるSBIホールディングスと以前まで提携していました。しかし、取引所のサポートも日本語対応が開始されているので、日本人と関わりが深い取引所として注目の取引所となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)