【仮想通貨】メインネットローンチ・トークンスワップが予定されているトークン一覧

TRON(TRX)

 

メインネット開設 2018年5月31日
対応取引所 ・BINANCE
・Bittfinex
・bithumb
・Bibox
・Coinrail
・Coinnest
・Zebpay
・Gate.io
・Bit-z※各取引所を確認して下さい。
移行時期 2018年6月21日〜6月25日

Binance(バイナンス)もしくは、Bitfinex(ビットフィネックス )の取引所ウォレットにTRXトークンを入金することでトークンスワップに対応できます。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット )や、その他のコールドウォレットにTRXトークンを保有していると、トークンスワップが行われず、GOXする可能性があります。

ですので、TRXトークンスワップに対応している取引所に入金し、TRXトークンを同数量1:1で変換してもらえる様にしましょう。

EOS(EOS)

 

メインネット開設 2018年6月2日
対応取引所 ・BINANCE
・Bitfinex
・Kraken
・Huobi
・OKEx
・Bithumb※各取引所を確認して下さい。
移行時期 未定※詳細はこちら

EOSトークン自体には価値は存在しておらず、運営もEOSトークンの価値について公式に認めています。

しかし、今回のメインネットローンチでは、独自のメインネットに移行しイーサリアムの特徴を凌駕するとも言われています。

詳細はこちらから確認してみてください!

EOS(イオス)メインネットローンチ詳細・対応方法 / Ethereum(イーサリアム)を凌駕する期待の仮想通貨 / トークンスワップ対応

2018.05.25

VeChain(VEN)

 

メインネット開設 2018年6月30日予定
対応取引所 VETウォレット
移行時期 未定

名称は「VEN」から「VET」に変更となり、6月30日までに使用していたイーサリアムブロックチェーン上のVENトークンは使用することができなくなります。

メインネットである「VeChainThor」のローンチと一緒にVETウォレットリリースされます。

その後、VETウォレットのアドレスにVENトークンを送金すると、VETウォレットのソフトウェアが自動的にVENトークンをVETトークンに変換します。

詳しいトークンスワップ方法はこちらから確認してみましょう!

VeChain(VEN)メインネットローンチ詳細・対応方法 / 真贋性とブロックチェーンの融合 / トークンスワップ対応

2018.06.05

Ontology(ONT)

 

メインネット開設 2018年6月30日予定
対応取引所 未定
移行時期 未定

世界でも最大手の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)に上場したことで大きな価格上昇をみせ、注目を浴びています。

個人ユーザーや企業は、ブロックチェーンを詳しく理解しなくても誰でもブロックチェーンを活用することができ、公共機関、銀行、企業、友人、家族などの様々なデータを、ONTプラットフォームで一括管理ができます。

詳細や特徴は後ほど詳しくまとめますのでお待ちください!

Zilliqa(ZIL)

 

メインネット開設 2018年6月30日予定(テストネット)
対応取引所 未定
移行時期 未定

NEXTMONEYの「爆上げ銘柄」でも最近よく見る通貨であり、2018年になり人気が急上昇しています。

Zilliqa(ジリカ)は、ビットコインをはじめとする仮想通貨の問題点である「スケーラビリティ問題」を解決する仮想通貨です。

トランザクション処理を迅速に行えたり、シャーディング、データフロースマートコントラクトなどの技術を活用して従来のスケーラビリティ問題を解決します。

詳細や特徴は後ほど詳しくまとめますのでお待ちください!

Credits(CS)

 

メインネット開設 2018年6月30日予定
対応取引所 未定
移行時期 未定

 

Fusion(FSN)

 

メインネット開設 2018年6月30日予定
対応取引所 未定
移行時期 未定

 

Enigma(ENG)

 

メインネット開設 2018年6月30日予定(テストネット)
対応取引所 未定
移行時期 未定

 

High Performance Blockchain(HPB)

 

メインネット開設 2018年6月30日予定(マスターノード)
対応取引所 未定
移行時期 未定

 

The following two tabs change content below.

nextmoney

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。