CMEビットコイン先物とBTC価格の相関関係を分析=Wilshire Phoenix

CMEがビットコイン価格を押し上げる

投資運用を手掛けるウィルシャーフェニックス(Wilshire Phoenix)社が今月14日、BTCの価格形成はCME(Chicago Mercantile Exchange=シカゴ・マーカンタイル取引所)によるビットコイン先物がビットコインの価格にどのように影響しているのかを詳しく分析したレポートを公開した。

同社は最終的に、2017年より提供されているCMEビットコイン先物は、市場における重要な部分へと成長し、関連するスポット市場よりも価格発見に貢献していると結論付け、研究者たちは、CMEビットコイン先物は重要になりつつあり、取引量と建玉だけでなく、スポット価格形成への影響によっても示されていると報告書の中で述べた。なお、製品の成熟度をさらに証明するため、2020年1月には先物オプションが追加されている。

Wilshire Phoenix「Efficient Price Discovery in the Bitcoin Marketsより画像引用

同社の分析は、市場にて価格発見が争われているトピックであると正しく述べており、価格形成に関する研究では、先物市場がほとんどの場合リードしていることが多いと付け加えている。しかし、これは、CMEビットコイン先物に関する彼らの結論が絶対的であることを意味するものではない。

ステーブルコインの価格形成への影響はテストされていない

ウィルシャーフェニックス社のレポートは、CMEビットコイン先物が規制された米ドル法定紙幣取引所と比較し、価格形成をリードしているという結論を裏付ける十分な証拠がある。

十分に実行されているが、分析は、ビットコインの価格形成がBinance、Bitfinex、Huobi、またはOKExで発生することを証明していない。機関投資家、主にアメリカに拠点を置く投資家は、規制の少ない取引所の量やステーブルコインのビットコインの価格設定に関心がないかもしれないが、それらが価格形成に無関係であることを意味してはいない

個人投資家に関しては、ビットコインのような資産の価格発見をテストするため、より幅広い取引所と価格設定のセットを使用する方が理にかなっていると言える。この結論は、CMEのビットコイン参照レートが間違っている、もしくは簡単に操作できると述べることとイコールではない。

  • 規制の緩い取引所では、マーケットメーカーや大口顧客がほとんど手数料を支払わないことで取引量を膨らませているか?
  • テザーのボラティリティは、米ドルでのビットコインの価格形成に影響を与えるかどうかを判断しようとするときに考慮できないほど高いか?
    これらはすべて有効な質問であり、さらなる議論と調査が必要だ。

CMEビットコイン先物が価格発見に最も貢献しているかどうかを結論付ける前に、より広範な評価が必要である。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!