BitMEX、本人確認(KYC)プログラムを強化

BitMEX、ユーザー検証プログラムを強化

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)で、ユーザー検証プログラムKYC手順のロールアウト計画を変更した事が分かった。

BitMEXはユーザー検証プログラムを開始させる事を、今年8月に公式サイト上で発表しており、ユーザーが取引を継続させるには、2020年11月5日までに検証確認が必要になるとのことで、万が一2020年12月4日までに、ユーザーが確認を完了させなかった場合、BitMEXアカウントから資金を引き出せなくなる。

BitMEXの述べている「ユーザー検証プログラム」とは、BitMEXのユーザー検証プログラム(UVP)を指しており、2020年8月28日に導入されたものだ。UVPの一環として各ユーザーは、写真付きの身分証明書と住所など、本人を証明する必要書類をアップロードし、自分の顔が掲載されている写真を提出するほか、資金源や投資経験などを含むいくつかの質問に答えるよう求められるという。BitMEXによると、これは完了するまでに約5分程度を要するもので、多くの顧客はすでにプロセスを完了させているという。

BitMEXの所有者兼運営者であるHDRGlobal TradingLimitedのホールディングプラットフォームである100xGroupのコマーシャルディレクターであるベン・ラドクリフ(Ben Radclyffe)氏は次のようにコメントしている。

11月5日までに、新しいポジションを開設したり、既存のポジションを増やしたりするには、すべてのユーザーが完全に検証を完了させなければならず、未検証のユーザーは既存のポジションを維持または削減できる。また、ユーザーが確認プロセスを完了していない場合、保留中の注文はキャンセルされます。

12月4日以降、未確認のアカウントに未確認のポジションが残っている場合、BitMEXはポジションの閉鎖を促進するため、アカウント所有者と直接連絡し、秩序ある閉鎖を実施すると述べている。

最近の出来事は、市場運営者が堅牢で準拠したKYCプログラムを実装する必要性を強調している。これは100xグループとBitMEXプラットフォームの変化が加速する時期であり、私たちは、過去数週間に受けたサポートについて、クライアントと幅広い業界に感謝します。

BitMEXのUVPは、仮想通貨取引において実用的なメリットが提供できるように設計されており、紛争が発生した場合に所有者の身元を確認できるという。

世界中の国々がFATF(=Financial Action Task Force=マネーロンダリングに関する金融活動作業部会、別名:金融活動タスクフォース)からの推奨事項に準拠していることを確認しようとしている。そのため、仮想通貨取引所はここ数カ月、規制当局から強力なKYC手順を確立するよう圧力を受けていると海外メディアは語っている。

しかし、FATFが圧力をかけていても問題の解決は難しく、ブロックチェーン分析を手掛けるCiphertrace社は最近、仮想通貨取引素の56%が強固ではないKYC手順を保持したままであることを調査報告書の中で明かしている。

なお、BitMEX側はユーザー検証プログラムが必要な理由について、進化する国際的な規制基準を満たすため、ユーザー本人確認がますます求められており、実質的な顧客のセキュリティは、本人確認によって大幅に強化されている。BitMEXのサポート担当者は、紛争、ハッキング、または機能不全の場合に、アカウントの実際の所有者を確実に確認させるためだと語っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!