Lisk(リスク)について

Lisk(リスク)の概要

Lisk(リスク)は、分散型プラットフォームを使っている仮想通貨になります。

現在ビットコインの次に位置しているイーサリアムという

仮想通貨がありますが、それと同じスマートコントラクトの

属性として分類されています。

通貨の単位は(LSK)です。

Lisk(リスク)の特徴

javascriptを使用している。

イーサリアムとの大きな違いは、Lisk(リスク)は

開発用語としてjavascriptは使用しています。

javascriptを使用していると何が違うのかというと

javascriptは世界中のwebエンジニアに

人気の言語でありほとんどのwebサイトで使用されている言語に

なっています。

javascriptを使用するメリットとして、

リスクがこれから実装される際にイーサリアムや

他の通貨に比べてエンジニアを集めることが容易にできます。

結果、開発や実装をスムーズに行うことができます。

サイドチェーンを使用している。

リスクはサイドチェーンを使用しています。

サイドチェーンを利用するメリットとして、

スケーラビリティが挙げられます。

1つのブロックチェーンを使用するよりも複数のブロックチェーンを

動かしていくほうが処理のスピードが早くなっていきます。

もし、バグや問題が発生した際に開発者がバグのなかった状態に

ロールバックさせるほどの管理が容易になります。

Lisk(リスク)を扱う取引所

Lisk(リスク)はまだ新しい仮想通貨なので

ほとんどの取引所では扱っていないのが現状です。

大手取引所ではcoincheck(コインチェック)が

扱っています。

Lisk(リスク)の今後

イーサリアムよりあとに登場していますが、

現状イーサリアムと同等の技術を持った仮想通貨なので、

ある意味価値が上昇する可能性は高いと言えます。

仮想通貨は利用者が増えることで価値が上昇しますので

このLisk(リスク)の戦略には

今後も注目していきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)