DeFiプロトコルPowerPool(CVP)の特徴・詳細とは?

DeFiプロトコルPowerPool(CVP)の特徴・詳細とは?

2020年に急成長を遂げている分散型プロトコルは、ガバナンストークンと呼ばれるユーザーなどが投票するため使用されるトークンが存在しています。このガバナンストークンは、イーサリアムエコシステムに影響を与え、10億ドル規模まで成長したDeFi業界のプロトコル運用に重要な役割を果たしています。

しかし現在、少量のガバナンストークン保有者は、それに応じた最小限のユーティリティを抽出できる反面、2つの改善点が存在しています。

  1. 投票に影響を与えられない
  2. トークンの大部分が収入をもたらさない

以上の理由で、ガバナンストークンの基本的な価値はゼロに等しく、プロトコルは有権者の無関心がプロジェクトに大きな影響を与えていると考えています。

そんな課題を解決するべく分散型プロトコルのPowerPool(CVP)は、ガバナンストークンをプールするための非常に便利なソリューションの提供を可能にするプロジェクトとして注目を集めています。ユーザーは、トークン保有者がガバナンストークンを貸してプールし、借用、収入を得ることはもちろん、イーサリアムに基づくプロトコルでガバナンス能力を蓄積することができます。

【前書き】分散型金融(DeFi)による金融の民主化

意思決定は、全ての人々の生活の中心的な役割を担っています。どのように深刻な決定を下したとしても、政府や企業、金融機関などの数ある組織の選択が個人に影響を与えています。発展した社会の民主的な性質が必要にもかかわらず、現状はインフルエンサーや企業、シンジゲート、そして政治的影響力と巨大な資本を守る人々によって統治されています。

仮想通貨業界、特にDeFi(分散型金融)の領域は、現代の意思決定よりさらに民主的であり、意思決定はもちろん、価値分配も分散化されています。チェーン上のガバナンスメカニズムによって、業界を持続可能な回復力を与える存在になり得ると考えらています。最近では資金を集めた詐欺的なプロジェクトさえ、プロジェクトの方向性を一転し、DeFiスタートアップとしてガバナンストークンの導入を検討しているほどです。

最近の誇大広告と、以前の誇大広告(ICOバブルなど)の主な違いは、一部のプラットフォームに数十万人のユーザーと数十億ドルの類型ロック資本があることです。したがって、膨大な金額について議論する場合、ガバナンスの質問は特に重要になります。ガバナンストークンの総資本は約30〜40億米ドルと想定されており、2020年末には250億ドルという市場評価に成長すると考えられています。

現状のガバナンストークン保有者が抱える問題

そして、ここで生じる主な問題は、様々な利害関係者(トークン保有者)のグループに対するトークンの真の金銭価値についてです。ガバナンストークンの設計と実際の実装結果をさらに掘り下げると、いくつかの問題が明らかになります。

少数のトークン保有者は、事実上、クジラが投票を行うことから投票に大きな影響を与えることはできず、ガバナンストークンの大部分にはキャッシュフローがありません。このような両方の問題の結果として、業界全体として深刻な結果に直面しています。

少数派のトークン保有者にとって、そのようなトークンの基本的な金銭的価値はゼロに近く、トークン保有者によって管理されているプロトコルのほぼ100%が、チェーン上のガバナンス問題に直面しています。

統治力の蓄積と農業への影響

PowerPoolは、ガバナンストークン(GT)の所有者にここまでの問題を解決するのに役立つ実験プロトコルを開発しました。

PowerPoolのビジョンは、少数派のトークン保有者に力を与え、ガバナンストークンに追加のユーティリティを提供することで、Defiエコシステムの堅牢性と成熟度に貢献します。PowerPoolのガバナンストークン保有者は次のことができます。

  • GTのプール:統治力を蓄積(プール)。
  • GTを貸す:GTを貸すことによって追加のGTを獲得。金利はガバナンストークンで支払われ、インフルエンスファーミングを導入。
  • GTを借りる:投票でさらに活用。
  • GTの使用を調整する:PowerPoolでGTを収集し、調整された体制で投票するためのプラットフォームとして使用。

PowerPoolプロトコルについて

次のセクションでは、PowerPoolのビジョン、実装、ブートストラッププロセスについて説明します。

PowerPoolは、COMP、BAL、LEND、YFI、BZRX、AKROなどのガバナンストークンをプールするためのプロトコルです。現在、PowerPoolは最も注目を集めるDefi市場をターゲットにしていますが、それに限定されず、イーサリアムエコシステム内の他ガバナンストークンをプールするために使用できるることが大きなポイントになります。

PowerPoolは、分散型オープンソースプロトコルのCompoundに近いモデルとして、単純な貸出モデルに基づいて設計されています。ガバナンストークン保有者は、コントラクトに流動性を供給し、金利を取得することができます。市場の誰もが、定められた仮想通貨を担保としてガバナンストークンを借りることができます。また現在、ETH、wBTC、およびDAIをガバナンストークンを借用する担保として追加する予定です。

機能とメリット

PowerPoolは、エンドユーザーとDefiプロトコルに次の利点を提供します。

  1. ファーミングに影響を与える
    ユーザーは、所持品から追加のGTを獲得できます。その結果、同じガバナンストークンで金利が支払われると、ユーザーの利害関係は継続的に増大します。
  2. 有権者無関心のためのソリューション
    利回りとLMをインセンティブとして、受動的なトークンホルダーは、GTをPowerPoolにプールするよう動機付けられます。必要に応じて、これらのトークンは投票に参加し、全体的な投票の時価総額を増やします。需要がないため、PowerPoolトークン所有者の決定に従って誰もそれらを借りていなくても、トークンは投票に参加できます。
  3. 議決権のプール
    数千人の少数派のトークン保有者に分散された投票力は役に立たない。これで、PowerPoolを介して1つの場所に集中させることができ、プロトコルガバナンスにおける真の力となります。

プロトコルトークンの仕様【ガバナンストークン“CVP”】

PowerPoolプロトコルのネイティブトークンである「CVP(Concentrated Voting Power)」について。CVPは、プロトコルガバナンス(コードのアップグレードを含む)をアクティブなコミュニティおよび流動性プロバイダーに送信できます。これは、新しいトークン機能を1つ備えたガバナンストークンであり、Defiプロトコルではまだ提示されておらず、トークン所有者によって管理されています。

トークン関数(プロトコル操作に関する提案への投票)

  1. PowerPoolプロトコルの新しい流動性プールのリストと、それらへの流動性マイニング報酬の割り当て
  2. プロトコルでの担保タイプの追加と削除
  3. プロトコルに新しい貸出ロジックを追加(今は定期契約やその他の契約を検討しています)
  4. スマートコントラクトのソースコードをアップグレードして維持

さらにCPVは、これまで他の融資プロトコルにはなかった独自機能が1つあります。PowerPool貸付コントラクトの残りのガバナンストークンを使用した直接投票に帰着します。したがって、CVPはPowerPoolプロトコル自体を管理する可能性と、プールされたガバナンストークの投票を決定する可能性から、その価値を獲得することができます。CVP保有者について、PowerPoolは次のようにそのメリットについて説明しています。

CVP保有者は、リストされているDefiプロトコルで発生するすべての投票で、未請求にプールされたガバナンストークンがどのように投票するかを決定します。CVPトークンにはプレマインがなく、純粋な流動性があります。

ロードマップと参加方法は?

アルファラウンド

アルファラウンドでは、テスターはMaticメインネットで展開されているプロトコルを使用します。安全上の理由から、テストトークン(COMP、YFI、およびLEND)を使用して実施されます。

このフェーズでは、Maticメインネット環境でのプロトコルの動作、すべての基本的な動作の正常な動作、およびUI / UXをテストしています。Maticのトークンは、Maticから提供された助成金を使用して、参加しているすべてのウォレットにエアドロップされます。

アルファラウンドは、2日間の集中的な作業、テストおよび、バグレポートの段階です。5%TTSを参加者全員に等量で配布され、アルファラウンド中のトークン配布の主な目的は、最も価値のあるコミュニティメンバーに報酬を与え、コミュニティの需要を満たす準備ができた流動性の高いDEXでプールを作成できるようにすることです。

ベータラウンド

ベータラウンドでは、実際の(テストではない)ガバナンストークンを使用してプロトコルをテストします。

ラウンドの主な目的は、オラクル、清算手続き、およびその他のMaticの技術機能を正確にテストします。流動性は数万ドルに制限されます。このラウンドの報酬キャップも、権利確定で5%TTSです。

ガンマラウンド

ガンマラウンドは9月中旬に予定される、メインネットローンチ前の最後のラウンドです。ガンマラウンド中、テスターはすべてのプロトコル機能をテストしますが、以前はイーサリアムメインネットでテストされていました。

流動性の上限と報酬の割り当ては、前回のラウンドの結果に基づいて定義されます。彼らが成功した場合、私たちの現在のビジョンは、非常に高い流動性の上限を設定し、TTS(権利確定が適用された)の数パーセントを承認された流動性プロバイダーに分配することです。

PowerPool(CVP)の最新情報

最近では大手仮想通貨取引所Huobi Globalに上場されました。高精度分析プラットフォームMessariのDeFi時価総額ランキングによると、執筆時点(2020.09.14)で26位にランクインしています。

PowerPoolプロトコルでは、トークンセールが実施されておらず、ガバナンストークンであるCVPは、HuobiやMXCなどの取引所にで上場されているCVPをトレードするもしくは、流動性マイニングを通じてのみ獲得することができます。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。