ホロチェーン(Holochain/HOT)の特徴・詳細とは?

現在の仮想通貨市場でdApps(分散型アプリケーション)開発を目的とした仮想通貨は数多くあり、イーサリアムやイオスが代表例として挙げられます。そんな中でHolochainは、ブロックチェーン技術とは根本的に異なる分散型システムで、従来のアプリが作られる仕組みを大きく変化させます。

Holoの最大の特徴は、dAppsの開発にブロックチェーンを使用せず、独自のHolochainを使用しているところです。このことから従来のdAppsとは全く異なるアプリが作られます。

Holochain(ホロチェーン/HOT)の最新価格・相場・チャート・評価


初心者必見!ホロチェーン(Holochain/HOT)の特徴・詳細について

「Holo(ホロ)」とは、Holochainで起動するアプリのことを指します。Holoは、Holochainコミュニティが大衆のウェブサイトをホスティングできるようになるサービスです。

簡単に言うと、使っていないコンピュータの容量を貸し出しするというものです。これにより、企業などの中央集権化されたホスティングサービスを使う必要がなくなると同時に、Holochainコミュニティは多くのウェブアプリにアクセスすることが可能となります。

世界中でウェブホスティングをするためにHoloの仮想通貨は手数料がほとんどかからず、取引処理能力も抜群に優れていなければなりません。Holoのトランザクション処理速度はクレジットカード会社大手のvisaをも遥かに上回ります。

なぜここまで取引速度が速いのかというと、Holoのシステムはブロックチェーンではないためです。

Holochainの特徴として挙げられるのがこの5つです。

Holochainの5つの特徴
  • 自分のデータの所有
  • 自分のアイデンティティの制御
  • アプリケーションをニーズに合わせて接続可能
  • 中央集権型のシステムを使用しない認証取引が可能
  • 「軽量」「高速」「安価」なアプリケーションの構築が可能

そして、Holochainのアプリケーションの役割には以下のような特徴が挙げられます。

Holochainアプリケーションの特徴
  • ガバナンスとコラボレーション
  • ソーシャルメディア、ソーシャルネットワーク、およびベンダーのリンク
  • 共有経済とプラットフォームの共同作業アプリ
  • サプライチェーン・ウィンズ&ソーシャル・コミュニティ

ホロチェーン(Holochain/HOT)の特徴・詳細とは?

Holoはブロックチェーンを使用せず、Holochainという独自のチェーンを採用しています。Holo(ホロ)は、1ブロックを複数の人達が協力して計算する事で、トランザクション処理速度を大幅に上げる事が可能になっています。

ブロックチェーンの場合、PoWでは1つの承認を多数で競い合っているため、非常に高度で高価なコンピュータが必要であり、電気代もかなりかかります。

しかし、Holochainでは互いに協力して計算処理を行うので、そのような問題が解決されます。すべてのアプリケーションは、より安価なホスティングオーバーヘッドで独自の条件で独自のHolochainを実行します。

ユーザーがホストネットワークの立場になるので、より多くのエージェント(仲介者)がアプリを使用するほど、より多くのホスティングパワーとストレージが利用可能になり、ネットワークにかかる負荷を軽減してくれます。エージェント(仲介者)のソースチェーンは、アプリを実行するコードであるアプリの「DNA」を保持しています。

それにより、安全なアプリが保証されることとなります。そのデータは偽造されたり、改ざんされたり、失われたりすることはなく、各アプリは、そのデータをDHTに保存して、ランダム化されたノード間で公開データを作成します。

ノードがオフラインになると、DHTは自己回復し、異なるノードにデータを再調整するようになっています。また、誰かが自分のアプリケーションコードを変更した場合、共有されたDHTスペースから効率的に別のアプリケーションに分岐させることができます。

Holofuelについて

HolofuelとはHoloを使用するための燃料のことを指します。イーサリアムのGasやイオスのRAMのような働きをします。

先ほど説明したように、Holoはコンピュータの空き容量を貸し出すシステムです。この費用に対しての支払いをHolofuelで行います。他のGasやRAMと同様により多くのアプリケーションが開発されれば、Holofuelの価格も上昇します。

課題として挙げられるのは、他のdAppsプラットフォーム系の通貨と同様にHolofuelの価格が上昇しすぎてしまい、開発コストが上昇してしまうことです。イーサリアムのGasが上昇しすぎてしまい、開発がしにくい状況が起こったように、Holofuelの価格によってはの同様の事態が起こりうる可能性も十分に考えられます。

逆に価格が上昇せず、時価総額が低いままでは、dAppsが注目されることもなく終わってしまうため、Holofuelの価格推移は開発を行う上でかなり重要になっていくでしょう。

アプリケーションの未来の形

Holochainは、従来のアプリの常識を内部から覆しています。

従来のアプリケーションでは、機能制限があったり、規制がかかってしまいます。FacebookやTwitterでは、メッセージのやりとりは直接送信されるわけではなく、一度会社に送信されます。そして、会社から相手側にメッセージが送信されます。このような個人的なメッセージからも情報が搾り取られています。

また、Twitterでは140文字という文字制限があります。しかし、このような文字制限やメッセージへの仲介に関して不満があっても、そのアプリの使用をやめるか我慢して使用するかしか選択肢はありません。

これがネットワークと呼ばれるものです。

しかし、Holochainの場合はネットワークではなく、「エコシステム」と呼ばれています。エコシステムでは、誰かが情報を一つの方法で受け、それを違う方法で伝えることができます。

つまり、世界中の人々がそれぞれ自分の使いやすいアプリを作成できるということです。Twitterの良いところとFacebookの良いところを組み合わせたアプリを作ることも可能です。また、そのアプリを他人が使用することもできますし、そのアプリをさらに自分の使いやすいように変換させることも可能です。使いやすいアプリを作成することもでき、それを共有することも可能となります。

今までは、そのアプリのルールに従うか従わないかしか選択肢がありませんでしたが、Holochainを活用することで、ルールを作ることができます。

ホロチェーン(Holochain/HOT)の評価まとめ

Holochainの将来性

現在のアプリケーションを根底から覆すようなHoloのシステムは、今後かなり期待が持てるでしょう。 仮想通貨全体の価格が停滞している現在でも、dAppsの開発は進んでおり、来年からさらにdAppsが開発され、さまざまなアプリケーションが登場することが予想されます。

dAppsではイーサリアムやイオスのプラットフォーム上で開発されているものが多いですが、新しい未来の形として、Holoのプラットフォームが活用されることも大いにあり得ると思います。

また、トランザクション処理能力も優れているため、さまざまな分野での活用が期待されています。

そして、Binanceに上場して以降、価格があまり伸びておらず、注目度もまだ低いため、投資としても魅力的な仮想通貨だと考えています。

この記事のURLをコピーする