イーサリアムクラシックラボ、新たなチームでプロジェクト再開

イーサリアムクラシックラボへの出資者が新たなイーサリアムクラシック(ETC)開発チームを発表した。このチームは、ETCラボコアと呼ばれる。

新たに発表されたETC開発チームとは|イーサリアムクラシックラボ

1月14日に発表された内容によれば、この新しいチームはETCプロジェクトの中心となって動きブロックチェーンのサポートや分散型アプリケーションの開発・マイニング・サービスへのツール提供を行うという。

2019年の第1四半期に同チームは、1月16日に行われるイーサリアム(ETH)のコンスタンティノープルハードフォークの調査を行うことに専念する。

この調査は、ETC改善提案1045が終わる前に完了させるという。改善提案1045とは、イーサリアムのビザンチウムとコンスタンティノープルの一部をETCネットワークに導入することである。

イーサリアムクラシックは今年はじめに51%攻撃を受けている

今年1月にはETCに対して51%攻撃が行われており、ブロックチェーンの監視や分析ツールの開発が急がれる。

仮想通貨大手取引所Coinbaseは、ETCブロックチェーンの再編成(51%攻撃による2重払い)を1月5日に発見した。これにより、110万ドル相当のETCが影響を受けたという。

ETCの開発者たちははじめに、この51%攻撃に関する報告を否定した。しかし、彼らはETCを扱う全ての取引所とマイニングプールに対して、引き出しと預金の確認時間を大幅に増やすように依頼している。つまり、取引の確認に多くの承認が必要になるよう呼びかけた。

2018年12月はじめには、ETC開発チームであるETCDEVの創設者の1人であるIgor Artamonov氏が、同チームはこれ以上活動することが困難になり活動を止めると発表した。

原因としては、現在の仮想通貨市場の低迷による資金不足であるという。

ETCは現在約4.3ドルで取引されており、24時間で3%ほどの上昇を見せている。時価総額は、約4億7000万ドルで、18番目に規模が大きな仮想通貨である。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

北欧エストニアで機械工学を学ぶ大学院生です。仮想通貨への投資は2017年4月から始めて、マスターノード運用や仮想通貨マイニングなどを楽しんでいます。仮想通貨に関する記事をこれまで200記事以上執筆してきました。