中国の大手仮想通貨取引所Binanceがマルタ島に拠点開設

中国の大手仮想通貨取引所Binanceがマルタ島に拠点開設

中国の大手仮想通貨取引所であるBinanceが22日、マルタにオフィスを開設することをブルームバーグが報じました。

Binanceは世界でもトップクラスの仮想通貨取引所であり、1日の取引高で世界一誇っています。Binanceは、日本でも人気の取引所だが、同日、金融庁に警告を受けています。

Binanceはすでに、マルタの現地の銀行と共同で、法定通貨と仮想通貨の預金の引き出しサービスを行う予定です。

趙長鵬(ジャオ・チャンポン)CEOは「近いうちに銀行業務の提携を近いうちに発表できるだろう。マルタは仮想通貨とフィンテックに非常に進歩的だ」と発言しており、マルタとBinanceの計画は近いうちにも開始されそうです。

 

さらにTwitterでは、「名誉です。ブルームバーグへの私の元々の引用の一部は、記事から除外されました。 マルタは、暗号とフィンテックについては非常に進歩的です。他の暗号企業も同様に検討するのに適していると思います」」とツイートしています。

また、すでにマスタ政府はブロックチェーン技術や、仮想通貨、ICO(仮想通貨の資金調達)を進めている企業に法的な明確性や、アドバイスをするために、「マルタ・デジタル・イノベーション局」を今年2月に立ち上げています。

バイナンスと政府が協力を行うことで、これから仮想通貨が最先端へと向かう時に、先進国へ繋がる第一歩になる可能性を十分に秘めています。また、BinanceはDEX(分散型取引所)の開設も準備しており、これからの最注目の市場になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)