ビットコイン価格が上昇するも4000ドル手前で一時停止|年末年始に向け復活に期待

ビットコイン価格が上昇するも4000ドル手前で一時停止

ビットコイン価格は今月12月4日以来、初めて3900ドルまで上昇するも4000ドルの壁で一時停止した。
18日から上昇をはじめ、現在は3700ドル付近で落ち着いている。

4時間足のチャートでは、現在3670ドルでサポートが機能しているが、一旦下回ると3600ドルまで拡大する可能性がある。
このラインは上昇のきっかけとなるポイントとしての重要な役割を果たす可能性が高い。

しかし持続しなければ、3500ドル台まで値下がりすることもあるだろう。
逆に3800ドルを超える動きが活発になれば、4000ドルの壁を超えてくる道も開けると思われる。

4000ドルの壁を超えるには、強力な心理的要因が必要となるが、ビットコインは年末年始に向け準備を進めているような雰囲気がある。
だが、短期的には弱気な傾向の中で推移しているという意見もあるので注意も必要だ。

一方時価総額第3位のEthereumは19日に100ドルを突破し、現在も103ドルで取引されている。
時価総額は10.6億ドルに減少したが、平均取引量は2.3億ドルとなっており、過去の基準から見ても高い。

XRPは0.38ドルまで上昇するも、そこから下落し現在は0.35ドルで取引されている。
しかし、下落傾向は短期間で終わり他の主要アルトコインと同期して推移している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。