ボストン連銀とMIT、7月にもデジタルドルのプロトタイプリリースか

ボストン連銀とMIT が7月にデジタルドルのプロトタイプリリースか

ブルームバーグの報道によると、ボストン連邦準備銀行とマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者らによって、早ければ7月に中央銀行のデジタル通貨システムのプロトタイプを発表する予定である事が分かった。

2020年8月、当NEXTMONEYの特集記事「ボストン連邦準備銀行、マサチューセッツ工科大学と独自仮想通貨の発行検討」でも報じたように、2020年8月に共同研究が発表された研究者たちは、「デジタルドルプラットフォームのプロトタイプを開発している」とブルームバーグが報じている。

ボストン連銀のプロジェクトを率いるジェームズ・クーニャ(JamesCunha)氏は、同チームがデジタルドル取引の移動、保管、決済が可能な少なくとも2つのプラットフォームを発表すると述べた。ただし、同氏はこれらのいずれかがブロックチェーン技術を使用しているかどうかについては述べていない。

米FRBパウエル議長がデジタル通貨について語る」、「FRBパウエル議長、中央銀行のデジタル通貨は現金と共存する必要がある」でも報じたように、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル(Jerome Powell)議長は、デジタル通貨に対して肯定的な意見を述べている。また、先月には、中央銀行が国民との問題により多く関与するという点で、2021年はデジタルドルにとって「重要な年」になるだろうとハウスファイナンシャルサービス委員会に語っている。

クーニャ氏は、ボストン連銀での調査は、何が可能かを実証することを目的としていると述べているが、銀行は特定の政策を提唱してはいない件について同氏は次のように語っている。

私たちは、ポリシーの議論を待たないことが重要だと考えています。そうすれば、1年ほど遅れることになるからです。これは業界への重要なアウトリーチと真剣な議論を必要とします。


CBDCは金融業界を混乱させる可能性がある

Fedcoin(フェッドコイン)と呼ばれる米国のデジタル通貨は、紙のドル紙幣に代わる電子的な代替手段となる可能性があり、従来の金融業界はこれに満足していない。

VisaやMastercardなどの大手決済企業は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)のサポートをプラットフォームに追加することをすでに検討しており、昨年12月にオフラインでトランザクションメッセージの署名を可能にするCBDCのオフライン支払いシステムを提案したVisa NorthAmericaのオリバー・ジェンキン(Oliver Jenkyn)社長は次のように語っている。

中央銀行が中央銀行デジタル通貨であるCBDCの設計について考えるとき、私たちはより中央銀行と話し合い、彼らが設計についてどのように考えているかを話し合っています。

米FRBパウエル議長がデジタル通貨について語る

2020.10.21

FRBパウエル議長、中央銀行のデジタル通貨は現金と共存する必要がある

2021.03.19

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。