パキスタン、政府主導でブロック報酬マイニングファームの建設へ

パキスタンの単体州でマイニングファーム設立の動き

中東のパキスタンのカイバルパクトゥンクワ(Khyber Pakhtunkhwa)州政府が、技術と科学に関する顧問ジア・アッラー・ベンガッシュ(Zia Ullah Bangash)氏主導の下、同州内にブロック報酬マイニングファームの設立を希望する団体からアプローチを受けていると明かした。

カイバルパクトゥンクワ州では最近、デジタル通貨調査委員会を設立し、その最初の行動の1つとして、2つのブロック報酬マイニングファームを設立するよう動きに乗り出している。しかし、注目すべき点であるのは、この動きが、パキスタン政府によるデジタル通貨の公式禁止の存在にもかかわらず進められているという点である。ベンガッシュ氏はロイターン取材に対し、ブロック報酬マイニングとデジタル通貨取引は繁栄しており、NEXTMONEYの特集記事「パキスタン、国営ビットコインマイニングファームを立ち上げ」で報じたように、すでに独自マイニングファームが設立されていると述べ、次のように語っている。

人々はすでに投資を求めて私たちに近づいています。私たちは彼らにカイバル・パクトゥンクワに来て、いくらかのお金を稼ぎ、州にもそれから稼いでもらいたいのです。現在参加していないのは本当に私たちの政府だけです。パキスタン中の人々はすでに仮想通貨のマイニングまたは取引のいずれかでこれに取り組んでおり、彼らはそらから収入を得ています。


ベンガッシュ氏の考えるマイニングファーム設立の目的

同氏は、マイニングファームが州政府の追加収入源として機能するだけでなく、政府が業界をより適切に監視できるようになると考えており、今後政府レベルに持ち込み、物事を管理し、オンライン詐欺やその他の詐欺を防げるようにしたいと考えている。

カイバルパクトゥンクワ州は最近、デジタル通貨について政府へ助言するため、パキスタン初のカイバルパクトゥンクワ州仮想通貨諮問委員会を設立している。ベンガッシュ氏がTwitterで明らかにしたように、委員会は先週初めて会合を開催し、地元メディアに次のように語った

カイバルパクトゥンクワ州での仮想通貨とマイニングに関する諮問委員会の最初の会議が3月17日(水曜日)に開催され、規制、合法化、および必要な法律に必要な手順を検討および議論しました。

同委員会はまた、焦点を当てる必要のあるさまざまなセクターを分類し、それぞれの小委員会を形成。その1つであるブロックチェーン委員会は、あらゆる技術的事項を検討し、さまざまな政府部門でのこのテクノロジーの使用を検討していくとのこと。ベンガッシュ氏がマイニングファームをカイバルパクトゥンクワ州で設立させる事を決断した背景について、同氏は次のように語っている。

カイバルパクトゥンクワ州の天気は仮想通貨マイニングにとって有益で、州内には無数の水力発電建設の可能性もある。これらすべての施設は仮想通貨マイニングに不可欠です。

パキスタン、国営ビットコインマイニングファームを立ち上げ

2021.01.15

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。