FRBパウエル議長、中央銀行のデジタル通貨は現金と共存する必要がある

FRB議長、CBDCは既存決済システムに統合の必要と言及

中央銀行の潜在的なデジタル通貨(CBDC)は、現金やその他の形態のお金とともに、既存の決済システムに統合する必要があると、FRB(Federal Reserve Board=連邦準備制度理事会)のジェローム・パウエル(Jerome Powell)議長が言及したことが分かった。

パウエル議長は、3月18日(木曜日)、スイス・バーゼルで開催された支払いに関する会議で、彼はCOVID-19により、政府は現在のお金の仕組みについてより深く考えるようになったと付け加えてた。ECB(European Central Bank=欧州中央銀行)が以前に言ったことを反映しての発言とみられているが、事前に録画されたビデオ内で次のように発言している

国際決済銀行とFRBを含む7つの中央銀行のグループからの最近の報告書は、中央銀行が公共政策の目的を達成するのを支援する上でのCBDCの実現可能性を評価しました。レポートで強調されている3つの主要な原則の1つは、CBDCが柔軟で革新的な支払いシステムで現金やその他の種類のお金と共存する必要があるということです。


COVID-19パンデミックで取り決めの必要性がより強調される

パウエル議長は、BIS(Bank for International Settlements=国際決済銀行)が招集した世界中の中央銀行家のグループである決済および市場インフラ委員会が主催する会議で閉会の辞も述べており、次のように語っている。

COVID-19パンデミックは、国境を越えた支払いに関する現在の取り決めの限界に対処する必要性にさらに焦点を合わせました。そして、この会議が十分に示しているように、昨年の課題にもかかわらず、私たちは依然として重要な進歩を遂げることができました。


CBDCの主な役割と必要性の理由

CBDCは、中央銀行という1つのエンティティによって制御されるため、ビットコインのような分散型デジタル資産とは異なる。

米ドルや日本円などの既存法定通貨のデジタル版である。このような通貨は、パイロットを除いてまだ存在していないか、機能が制限されているものの、世界中の通貨システムにスピードとセキュリティをもたらすことを目的としています。ただし、FRBはCBDCについて現在も研究および試験前段階にある。

CBDCには、ピアツーピア決済の「小売」と、銀行が金融資産を売買し、RTGS(Real-Time Gross Settlement=即時グロス決済)システムに取って代わることを目的とした「卸売」の2つの基本設計がある。

NEXTMONEYの特集記事「米FRBパウエル議長がデジタル通貨について語る」で報じているように、デジタル通貨に対して前向きな発言をする一方で、「FRB議長のパウエル氏、債券利回りに目を光らせる発言でBTCが下落」で報じたように、仮想通貨事態に対しては厳しい目を向ける旨の発言で相場が下落するなど、CBDCと仮想通貨に対する見方がはっきりしている。

FRB議長のパウエル氏、債券利回りに目を光らせる発言でBTCが下落

2021.03.05

米FRBパウエル議長がデジタル通貨について語る

2020.10.21

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。