FRB議長のパウエル氏、債券利回りに目を光らせる発言でBTCが下落

FRB議長の発言でビットコイン価格が下落

FRBのジェローム・パウエル(Jerome Powell)議長が連邦準備制度理事会が現在の金融政策を維持するが、債券利回りに目を光らせていると言った後、ビットコインの価格は下落したことが分かった。

CoinMarketCapより画像引用

3月4日に開催されたウォールストリートジャーナルジョブズサミットで、連邦準備制度理事会のパウエル議長は、米国の中央銀行は、人々や企業がお金を借りるのに高額になる兆候があるにもかかわらず、現在の金融政策を堅持すると述べた。この発言を受け、ダウジョーンズはニュースの当日1%以上下落、ビットコインは過去24時間で5%も下落している一方で、財務省の利回りは上昇を続けた。CoinMarketCapの調べによると、ビットコインの現在の価格は、1BTC=5,086,000台で推移しており、前日同時刻比-7%、1週間で3.77%の上昇となっている。

パウエル議長の発言は、Covid-19の制限によって低下した経済が、短期的ではなく、長期的にみても改善することを期待しての発言である。その結果、信用需要の高まりに伴い、借入コストが上昇している。10年物国債の利回りの上昇について聞いたことがあれば、それはすべて有効です。国債は、連邦政府が投資家に販売する債券であり、投資家は基本的に小額の利回りと引き換えに政府の資金を貸し出す。通常、利回りが上がると、投資家は現在の1.55%をはるかに超える投資を探すため、経済に対する自信が高まっていることを示していると言える。

利回りの増加はインフレが来るかもしれないことを示している。ただし、連邦準備制度は変更を加える意図はなく、理論的には少しでも経済が成長するのを助けるため、インフレが要点である。パウエル議長は次のように語り、FRBがこれまで以上に国債を購入して利回りを下げようとはしないことを示した。

最大雇用とインフレ率が時間の経過とともに平均2%になるという目標からはまだ遠い。状況が大幅に変化した場合、連邦準備制度は目標の達成を促進するために必要なツールを使用する準備ができています。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。