Nvidia、10億ドルの仮想通貨マイニングビズを巡る訴訟に勝つ

Nvidia が集団訴訟問題で勝訴

米国・カリフォルニア州サンタクララにある大手半導体メーカーのNvidia(エヌビディアコーポレーション)が、カリフォルニア北部地区裁判所を通じ、集団証券訴訟に発展していた問題で3月4日(木曜日)、裁判所は原告側の主張を却下したことが分かった。

ヘイウッド・ギリアム(Haywood Gilliam)裁判官は、この主張に対して次のように結論づけている。

被告が少なくとも意図的または意識的な無謀さで行動したことをもっともらしく示唆しているわけではない。


何が起こっていたのか

Nvidiaのグラフィックカードは、仮想通貨マイニングリグのオペレーターに人気が高い。

ビットコインをマイニングするには、コンピューターは複雑な数学パズルを解くために競争しなければならないことは仮想通貨ユーザー初心者でも多くのユーザーが知っている。このグラフィックカードが強力であるほど、マイナーがそのビットコインを獲得する可能性が高くなる。多くの仮想通貨マイナーはNvidiaからグラフィックカードを購入している。その背景には、Nvidiaが世界で最も強力なグラフィックチップのいくつかを製造していることが背景にある。

Nvidiaは最近、仮想通貨マイニング用に特別に設計された「非グラフィック」チップを発売することによって、仮想通貨マイナーがグラフィックカードを購入する意欲をそぐことを試みた。しかし、これは、Nvidiaの利益が不安定な仮想通貨市場と同社が深く結びついていることを意味する。

当初、問題が法廷に持ち込まれた際に、裁判官は十分な証拠がないと述べ、NvidiaがGPUマイニングの売上を11億2600万ドル(約1,222億円)過小評価していると判断。Nvidia が、仮想通貨関連の収益への依存度が低いと市場に信じ込ませ、意図的に誤解するような発表をしたと指摘。双方の意見が対立する中、裁判所はPrysmGroupから多数のエコノミストを雇用している。

これらの動きに対してNvidiaの弁護士は、本質的に恣意的な仮定だとして却下したことで投資家たちは、裁判へと駒を進めた。裁判官は、証人陳述書の一部を進めることを許可したものの、取締役が仮想通貨の販売について知っていることを十分に示していなかったことが判明。これは、投資家が、取締役がNvidiaの仮想通貨マイニングビジネスの範囲について嘘をついたことを証明できなかったことを意味した。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。