Ripple、東南アジアでの拡大をリードを目指して元UberCEOを採用

Rippleが元UberCEOを採用

Rippleは、SEC(米国証券取引委員会)との間で現在進行中のXRP証券訴訟が決着のめどが立たないなか、東南アジアでの事業を拡大するため、Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)とUber tech(ユーバーテック)で働いた経歴を持つ、ブルックス・エントウィッスル(Brooks Entwistle)を採用したことが発表された。

2021年3月18日(木曜日)、Rippleは、東南アジアでの事業拡大を主導するUberの元CEOであるエントウィッスル氏をマネージングディレクターに任命されたエントウィッスル氏は、Uberで最高経営責任者を務めた後、Rippleに入社し、同社の成長を推進し、アジア太平洋地域全体の規制問題を回避した手腕を誇る人物だ。東南アジアのRippleの新しいマネージングディレクターは、かつてゴールドマンサックス社で20年間過ごし、同地域でパートナー兼会長を務めていた経歴を誇る。

米国以外でRipple拡大が継続

NEXTMONEYの特集記事「米SEC、リップル社へ13億ドルの訴訟=未登録証券の販売」で報じているように、RippleはSECとの訴訟が続いているにもかかわらず、RippleNetでのアジア展開を推進する決意は驚くべきことではない。というのも、米国を中心にRippple離れが加速している一方、「RippleCEO、リップルがなくなってもXRPは取引を継続と発言」で報じているように、米国圏以外では同社の成長に影響を与えていないとブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)CEO(最高経営責任者)は語っている。

ガーリングハウス氏は、3月初旬に、この地域でのRippleの拡大は継続しており、その進捗はXRP証券発行の影響を受けないと主張。RippleNetは、Rippleが所有する金融機関と支払い処理業者のネットワークで、それらの使用はXRPコインに依存しておらず、どちらの運命も、善悪を問わず、他方に影響を与える正当な理由はありません。

RippleNetのゼネラルマネージャーであるアシッシ・バ―ルラ(Ashish Birla)氏は、エントウィッスル氏の任命は、Rippleが東南アジアのさまざまな国の銀行と交渉する際、この地域の知識が必要であることを示していると述べ、次のように語っている。

東南アジアの決済エコシステムは非常に動的であり、かなり複雑な国固有のスキームには多くの深い知識が必要です。Rippleが地域での驚異的な成長を後押しします。

米SEC、リップル社へ13億ドルの訴訟=未登録証券の販売

2020.12.24

RippleCEO、リップルがなくなってもXRPは取引を継続と発言

2021.03.09

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。