ConsensysCodefiがアプリ&ブリッジサービス提供でファイルコインを支援

ファイルコインが分散型ストレージを後押し

HTTPに代わる新プロトコルIPFS(Inter Planetary File System)を利用し、ストレージの貸し借りを可能にした分散型ストレージネットワーク構築プロジェクトであるファイルコイン(Filecoin/FIL)。2017年からメインネットローンチに向けて準備を進め、現在多くのユーザーが起動を待ち望んでいるが、それも2週間以内に公開される予定だ。そして、2つの新しいDeFi関連ツールは、分散型ストレージネットワークを後押しする。

ConsensysCodefiは本日、Filecoin DeFi Bridge and Storage Marketの詳細を発表した。これは、Filecoinストレージエコシステムに流動性をもたらし、ユーザーに市場全体の価格設定の全体像を提供するように設計されたツールだ。なお、これらのサービスは、10月19日から23日に予定されているFilecoinメインネットリリースと並行して開始される予定とのことだ。

今回の発表でConsen SysCodefiは、マーケットプレイスアプリ「Filecoin Storage」とイーサネットブリッジサービス「FilecoinDeFi Bridge」の提供を通じて、Filecoinプロジェクトの分散化を支援する。Consen SysCodefiによると、今後、Filecoinネットワークローンチを支援し、Filecoin Storage及び、FilecoinDeFi Bridgeを提供することで、メインネットローンチの初期市場に必要な可能をもたらすという。

マーケットプレイスアプリであるFilecoin Storageは、Filecoinネットワーク上のストレージの価格を簡単かつオープンな状況を確認することができる。またアプリは、エコシステム参加者がFilecoinストレージ市場全体を把握できるようシンプルで検索可能なマーケットプレイスで構築され、クライアントはフィルターをかけ、ソートし、ニーズに最適なマイナー(採掘者)を見つけることができる。マイナーは、アプリを使用して価格やその可能性を発表できるという。

そしてイーサネットブリッジサービスのFilecoinDeFi Bridgeは、イーサリアムネットワークに基づいてFilecoinトークンFILからERC20FILトークンへの変換を支援し、ブリッジングサービスは分散型クロスチェーンソリューションRenProtocolによってサポートされる。

ファイルコイン(Filecoin)が時代を変える|データセンター&ビッグデータ問題をIPFSが解決

2020.06.22

Filecoinプロジェクトについて

DeFi統合は、急成長しているセクターが仮想通貨空間にとってどれほど重要になったかを示している。それだけに、DeFiが開始されるずっと前から準備しているFilecoinのようなプロジェクトにも影響を与えている。

Filecoinは、顧客のデータをハードドライブやその他のストレージの分散型ネットワークに保存する。ストレージプロバイダーは、顧客が手頃な価格で信頼性の高い賃貸スペースを求めているため、競争の激しい市場で独自の価格を設定している。今回発表された内容を見てみると、金銭的インセンティブは、IPFSのような競合分散型ストレージプロトコルと比較して、顧客にとってストレージをより安定して安全にするとみられる。

イーサリアムブロックチェーン上に構築されたDeFiまたは分散型金融プロトコルによってユーザーは、集中型エンティティがアクティビティを調整しなくても、資産の借り入れやトークンのスワップなどの金融取引ができる。代わりに、スマートコントラクトと呼ばれるコードに依存しており、ConsensysCodefiは、ユーザーがDeFiエコシステムにアクセスできるように設計された一連のツールとサービスを提供する。

Filecoin DeFi Bridgeを使用すると、FILをイーサリアムブロックチェーンに転送でき、イーサリアムブロックチェーンでは、RenProtocolによって開発されたトークンブリッジを使用したローンの資金調達や利息の獲得などのDeFi操作に使用できるのだ。DeFiとの互換性により、Filecoin市場に流動性がもたらされると予想されており、有機的に流入するのにかなり長い時間がかかると予想されている。

Codefiはまた、価格設定とストレージプロバイダー情報を読むためのシンプルなアプリケーションであるFilecoin StorageMarketをfilecoinメインネット公開に合わせてリリースする。Filecoin StorageとFilecoinDeFi Bridgeはどちらも、分散型ネットワークを加速させるCodefiActivateを介して利用できる。

Filecoinは2017年のイニシャルコインオファリングで2億ドル以上を調達し、ストレージネットワークの立ち上げを数回遅らた過去があるが、DeFiの熱意は、Filecoinが最終的に到着したときに壮大な入り口を作るために必要なものである可能性が高い。

「9,000万本の1080p映画」相当の有効データが、ファイルコインのテストネットワークに記録

2020.09.29

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!