ドイツの航空会社ハーンエア、航空券の発行などにブロックチェーンを活用

ドイツの航空会社ハーンエア、航空券の発行などにブロックチェーンを活用

ドイツの航空会社の「Hahn Air(ハーン・エア)」は、オープンソースの旅行関連プラットフォームである、Winding tree「ワインディングツリー」と提携して、11/18発のドイツのデュッセルドルフからルクセンブルク行き便の航空券の発行にブロックチェーン技術を活用したことを発表した。

Winding Treeとは?

Winding Treeとは、スイスに本部を置くWinding tree Foundation(ワインディングツリーファンデーション)という非営利団体が、旅行業界の発展を目標にソフトウェアプロジェクトおよびインフラストラクチャを開発することを目標にある。

他の航空会社では、アラブ首長国連邦の航空会社であるエティハド航空や、ニュージーランド航空、エア・カナダなどの航空会社が過去にWinding treeとの提携やPoCの実施を試みているが、実際にブロックチェーンを用いて航空券を発行した会社は今回が初めてだという。航空券の購入はWinding Treeのプラットフォーム上で購入可能であり、決済に関しては下記のような手段に対応している。

  • 現金
  • クレジットカード
  • ETH
  • EthereumベースのLIFトークン

B2Bの旅行マーケットプレイスを展開

Winding Treeのサービスはユーザーが直接利用するサービスではなく、B2Bの旅行マーケットプレイスである。航空会社やホテルといった中間業社の手数料を排除したうえで、旅行代理店をはじめWinding Treeのデータや機能を利用したい革新的なスタートアップを橋渡しすることで旅行業界の現状を打破しようとしている。

Winding Treeの創業者であるMaksim Izmaylov氏はプレスリリースの中で、今後の事業展開への展望を以下のように語っている。

「ブロックチェーン技術は現在、ほとんどすべてが仮想通貨ビットコインに関連付けられていますが、すべての業界やアプリケーションでも大きな可能性を秘めています。今後数十年間に渡って経済と商業のすべての分野に大きな影響を与えるでしょう。
私たちWinding Treeは、ブロックチェーン技術には「NDC(*1)」のように旅行のあり方を根本的に変える力があると信じています。幅広い知識、革新的な考え方、比類のないネットワークを備えた「Hahn Air」は私たちにとって理想的なパートナーです。」

シンガポール航空は、ブロックチェーンベースのロイヤルティプログラムを正式に発表

2018.07.25
この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

まさ@ブロックチェーン研究家

外資系の医療機器、エネルギー関係の企業で5年間営業として従事した後、今後は個人にスポットが当たる時代だと考え、ブロックチェーンの持つトークンエコノミクスの世界観に感銘を受け、少しでも情報源として役に立てるよう日々発信しています。 現在は 実際にコードを書いたり、 イベントに足を運ぶなど精力的に 活動を行ない情報を発信しています。