リップル社の従業員、「仮想通貨XRPが来年 100ドルを超えるのは難しい」

リップル社の従業員、「仮想通貨XRPが来年 100ドルを超えるのは難しい」

リップル社従業員であるJosh Lin氏が、仮想通貨XRPの価格が2020年に100ドルを超えることは難しいと見解を示した。Lin氏はリップル社でタレント・ソーサー(いわゆるヘッドハンター)として務めている。この価格予想の根拠として、100ドルに到達することで、XRPの時価総額が10兆ドルに達することを挙げている。

現時点でビットコインの時価総額は約1,650億ドルであり、仮想通貨全体の時価総額は約2,270億ドルとなっている。仮にXRPが2020年末までに100ドルを超えるのであれば、それはXRPだけが人々が使う唯一の仮想通貨となるため、現実的ではないという。優れたユースケースは、さらに他のユースケースへと分岐するからだとLin氏は指摘している。

「10超ドルは不可能ではないが、現実的ではない。なぜなら、新しい技術が成熟するにつれて、歴史を見ても起こっていることは、すべてのユースケースにおける1つのデザインが、他のユースケースへと分岐するからだ。」

5つの仮想通貨への分散投資を勧める

Lin氏は1つの仮想通貨に投資をするのではなく、5つの仮想通貨に分散して投資をすることを勧めている。また、5つの仮想通貨に対して同額を投資するよう呼びかけた。

「もしあなたが投資の資金を1万ドル持っているのであれば、あなたが考える優れた5つの仮想通貨にそれを分散投資するべきです。このようにして、バスケットを作成してください。ただ1つの仮想通貨だけでなく、セクター全体に強気の視点を適用するのです。」

Lin氏はXRPの将来性に否定的な訳ではない。ただし、他の多くの株式と同様に、XRPが良いROI(投資収益率)を提供できるようになるには、5〜10年ほどの長い時間が必要となると見解を示している。

「XRPは爆発的に上昇すると信じています。ただし、それには時間がかかります。5〜10年ほどの期間を考えてください。」

この記事のURLをコピーする