麻生財務大臣、「ブロックチェーンが伝染病との戦いを助ける」

麻生財務大臣がブロックチェーンに言及

日本の財務相であり、歯に衣着せぬ物言いで知られる麻生太郎財務大臣が、「ブロックチェーンはプライバシーを強調し、伝染病の連絡先追跡に1つの可能なソリューションを提供できる」と述べた。

麻生太郎大臣は、プライバシーを確保しながら連絡先の追跡にブロックチェーンテクノロジーを使用できる。ブロックチェーンが、コロナウイルスの世界的大流行に対する世界の戦いの鍵になると示唆した。同氏は、8月24日に東京で開催された「FIN / SUM Blockchain&Business」としても知られるブロックチェーングローバルガバナンス会議の開会で、スピーチを述べ、その中で、次のようにコロナウイルスに言及しながら述べている。

広範囲にわたる感染症との戦いにおいて、ブロックチェーンは接触取引のための一つの解決策を提供する

COVID-19の症例は世界中で約2400万件に上っており、日本国内の感染者数はすでに6万件を超えている。麻生大臣のスピーチもコロナウイルス対策の一つとして、一定数の限られた人々のみがブロックチェーン会議に出席することを許可され、許可されなかった人についてはライブストリームのスピーカーを通しての会合出席となった。

麻生財務大臣は、コロナウイルスによって課された脅威は鎮静しなかったものの、ブロックチェーンは連絡先の追跡を通じて陽性と判定された人にプライバシーを提供できることを認めた。さらに、ブロックチェーン技術が当局の封じ込め作戦に関し、何をする必要があるかについてより良い尺度を与え、将来起こりうる発生を防ぐことがで切ると述べた。

一部のブロックチェーンコミュニティは、技術に対する理解の欠如のため、イノベーションを妨げる可能性があるという信念のため、依然として規制当局に敵対している可能性がある。ブロックチェーンコミュニティと日本の規制当局との間の紛争は、この点で何らかの進展を遂げるために対処する必要がある。私たちが必要とするのは、協力して最高のガバナンスの下でテクノロジーの最適な使用を検討することです。

麻生代務大臣は、COVID-19の下、世界各国が直面しているいくつかの問題の解決策としてブロックチェーンを提案しているが、国のトップに立つ人物として同提案を提唱した最初の規制当局ではない。なお、日本国内状況として、金融大手のSBIホールディングスのCEOが今年5月に、マスクなどの治療や予防に必須材料のサプライチェーン追跡に、この技術が役立つ可能性があると語っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!