米国スマートコントラクトセキュリティ企業Quantstampが日本へ進出

米国スマートコントラクトセキュリティ企業Quantstampが日本へ進出

米国スマートコントラクトセキュリティ会社であるQuantstampは6日、日本の大手金融機関野村ホールディングスからの出資を受け、日本への進出を拡大するとQuantstampのプレスリリースにて発表した。

発表によれば、Quantstampは多額の投資を野村ホールディングスから受けたという。野村ホールディングスは、個人・機関・政府への投資を行なっている。他に事業投資を行うDigital Garageも、Quantstampに投資したということだ。

野村ホールディングスが投資したというニュースはCrunchbaseにも3月6日に掲載されており、投資額の詳細は公表されていない。現在まで野村ホールディングスからの発表はまだない。

今回の出資を受けてQuantstampは、日本にQuantstamp Japan GKという支社を設立した。同企業は、今後スマートコントラクトの安全な運用をサポートする技術の提供をしていくという。

Quantstampの共同出資者兼CEOであるRichard Ma氏は、日本のスマートコントラクト市場はこれから成長していくと主張する。

野村グループ・シニア・マネージング・ディレクターである八木氏は、スマートコントラクトについて次のように寛解を述べた。

「スマートコントラクトは金融業界で、ブロックチェーンが普及するにつれてより重要な役割を担う。入念な調査をして、安全を保証することは今後欠かすことができないだろう」

2019年はじめに野村ホールディングスは、日本のメッセージアプリ大手LINELvc Corporationと覚書契約を結んだ。これは、メッセージのデジタル資産とブロックチェーンビジネスの統合を見越したものである。

これら3企業は、ブロックチェーンに焦点を当てた金融提携をする予定だ。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

北欧エストニアで機械工学を学ぶ大学院生です。仮想通貨への投資は2017年4月から始めて、マスターノード運用や仮想通貨マイニングなどを楽しんでいます。仮想通貨に関する記事をこれまで200記事以上執筆してきました。