SECがビットコインとイーサリアムは有価証券ではないと発表

SECがビットコインとイーサリアムは有価証券ではないと発表

6月14日に米サンフランシスコで開催された「Yahoo All Markets Summit:Crypto」カンファレンスで、米証券取引委員会(SEC)の関係者がBitcoin(ビットコイン)とEthreum(イーサリアム)は有価証券ではないと発表をしました。

今回の発表をしたSECのコーポレートファイナンス部門長を務めるWilliam Hinman(ウィリアム・ヒンマン)氏は次のように述べています。

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではないが、多くのICO(Initial Coin Offering、仮想通貨の新規公開)は米証券取引委員会(SEC)の監視下に置かれ、有価証券関連法によって規制されるだろう。

今回のビットコインとイーサリアムの有価証券に対して、ビットコインは特定の機関や団体などによって集権的に管理されていない非中央集権の運営がなされているため、有価証券に該当しないとビットコインを例題として説明が行われました。

イーサリアムも同様の理由として有価証券に該当しないとされていますが、もう一つの理由としてイーサリアムネットワークが分散されており、特定の機関や団体がコントロールできないシステムを構築しているため有価証券でないと判断されたようです。

ICO(イニシャルコインオファリング)に関しても、特に資産を投機目的ではなく購入する場合は有価証券というより消費財として扱われ、トークン自体の規制の対象にはならないとしています。

運営の見解

運営の椎木
ついにこの発表が出ましたね。

イーサリアムが証券に該当しないという発表をしたのは少し意外でしたが、リップルは当然認められてないですね。

他の仮想通貨も中央集権的なものは全て証券として認められる可能性があるので、そこらへんは各国がどういう判断をするのかがきになるところですね。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。