ジャック・ドーシー氏がB-Wordを発表:イーロン・マスク氏とビットコインについて話し合う

マスク氏がドーシー氏との議論に同意

イーロン・マスク(Elon Musk)氏が、B-Word会議でビットコイン(Bitcoin)の採用についてジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏と議論することに同意した。

B-Wordはビットコインに関連するイベントの一つで、2021年7月21日(火曜日)にオンラインで開始される。この会議には、資産運用を手掛けるArkInvestのキャシー・ウッド(Cathie Wood)CEO(最高経営責任者)やBlockStreamのアダム・バック(Adam Back)CEO、CIA(Central Intelligence Agency=中央情報局)のマイケル・モレル(Michael Morell)元副長官などが出席する予定だ。同会議では、仮想通貨の利点を政策立案者らに伝えることを目的とする企業連合CCI(Crypto Council for Innovation)が主催し、ドーシー氏は米決済大手SquareCEOとして登壇する予定となっている。

B-Word会議で用意されている5つのディスカッショントラフィック

B-Word会議は、機関が最高の仮想通貨を採用する方法を理解するのを助けるとともに、主流メディアによってビットコインの周りに広まったさまざまな神話を破裂させることを中心に行われる予定だ。

B-Word会議では、5つの幅広いディスカッショントラックが用意されている。

・ビットコインの謎を解き明かす
・開発者エコシステムのサポート
・ビットコインネットワークの保護
・ビットコインの規制
・ビットコインの精神を維持する


ビットコインのエネルギー消費が議論のトピックになる可能性

今後のイベントでは、ドーシー氏とマスク氏がビットコインマイニングコンセンサスと環境への影響に関する彼らの見解について話し合う可能性が浮上しており、注目が高まっている。

マスク氏は、多くのエネルギーを消費するPoW(プルーフオブワーク)ベースのビットコインマイニングを公に嘲笑。PoS(プルーフオブステーク)への支持をほのめかしている。一方のドーシー氏は、エネルギー消費量が多いにもかかわらず、PoWがビットコインの分散化とセキュリティの鍵である理由を理解しており、PoSは比較的集中化されており、安全性が低いと述べている。

ビットコインコミュニティとドーシー氏自身は、仮想通貨が再生可能エネルギー源の使用を促進し、BTCマイニングの大部分がクリーンな再生可能エネルギーを使用して行われていると信じている。多くのユーザーは、ビットコインネットワークのエネルギーの40%がすでに再生可能エネルギー源から来ていることを示唆するデータを共有している。

しかし、マスク氏のこれまでのツイートからビットコイン価格が一気に上昇してきた経緯から、議論の内容に関係なく、ビットコインに関するマスクの最近の洞察を得ることは重要なイベントになるとみられる。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。