ヘッジファンドが予測「ビットコインは年内に2万ドル越え」

ヘッジファンドが予測「ビットコインは年内に2万ドル越え」

仮想通貨市場の中でブロックチェーンに特化したヘッジファンドである、パンテラ・キャピタルのダン・モアヘッドCEOはCNBCの番組「ファストマネー」で、今年のビットコインの底値からの回復を脱し、1年以内に去年の最高値を更新するだろうと予測しました。

今年のビットコインの暴落に関してモアヘッドCEOはこう発言しています。

「急速に成長しているものが200日移動平均線を下回ることはほとんどない。もしそうならば、買いを入れるには絶好の時だ。…そんな機会はめったに訪れるものではない」

さらにブログの中では、最近までのビットコインの下落は、アメリカのの納税者による売却が理由の1つだったと予想しています。これは発言はファンドストラットのトム・リー氏の説明と同じ考察となっています。

そしてトム・リー氏は強気な予想に加えて、先週にはベンチャー投資家のティム・ドレイパー氏が2022年までにビットコインが25万ドルまで上昇すると予想をしています。

運営の見解

運営の堀口
ここ最近、証券アナリストらによる年末のビットコイン価格の予想記事が増えてきました。

アテになるかはさておき、機関投資家の仮想通貨市場参入においては好影響を与えます。

彼らはアナリストの意見を参考に投資をします。

そうなれば彼らが予想する2万〜5万ドルという予想は遥かに超えてくるのではないでしょうか。 

The following two tabs change content below.