南アフリカの中央銀行が仮想通貨業界の自主規制団体を設立

南アフリカの中央銀行が仮想通貨業界の自主規制団体を設立

南アフリカの中央銀行(SARB)が、同国の仮想通貨関連に対する規制と、フィンテック開発を管理する自主規制機関を設立する計画をニュース機関フィネクストラが報道しました。

今回SARBは、主要国が次々と自主規制を行うなか、投資家など保護やICOや仮想通貨関連のリスク予防のために、国内での仮想通貨業界の動きを監視する目的で調査機関を設立する様です。

中央銀行の銀行業務実務担当であるブリジット・キング氏は、現在、仮想通貨は伝統的な金融関係と決済サービスの対応の監視対象外にあり今後新たに仮想通貨や他に関連するフィンテック開発に対する自主規制を確立すべきだと述べました。

今回、設立する自主規制機関(SRO)は、自らのルール、指令、業界標準を公表する権限を持つ非政府機関であり、主にシステミック・リスクを防ぐことを目的としています。さらに、南アフリカで急成長している仮想通貨を世界的な競争力として保てるようにする様です。

また、ブリジット・キング氏は新しいSROに関して未だに新興地域であり、日々変化していることを過度に規制しないようにすると述べました。

同氏は、「早期に暗号化を規制することは、業界の成長と革新を抑えるというマイナスの結果をもたらす可能性がある」と述べ、立法が制定される時までに技術があまりにも移動した可能性があり、法案は時代遅れであるか、最新の技術に合わせて直ちに更新する必要がある」と付け加えて述べました。

しかし、匿名性の仮想通貨や追跡不能なハッカーの攻撃に対する脅威に対し、規制されていない仮想通貨市場とフィンテック市場の危険性のバランスを取る必要があるとキング氏は指摘しています。

仮想通貨の成長に合わせ各国で規制機関が確立されています。日本を含めどの様に仮想通貨に潜む脅威に対応していくか、これからの議題として注目が集まりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)