シカゴオプション取引所(cboe)、ビットコイン先物取引を提供しない方針を発表

シカゴオプション取引所(cboe)、ビットコイン先物取引を提供しない方針を発表

シカゴオプション取引所cboe)は14日、3月に提供する先物取引へ、ビットコイン先物取引(XBT)を追加しないことを公式に発表した。発表された声明によると、cboeは仮想通貨の取引をどのようにアプローチするかを再検討しているようだ。

cbodeのビットコイン先物に関する公式発表

「cboe先物取引所(CFE)は、2019年3月にビットコイン先物取引契約(XBT)を追加しません。現時点で取引のための仮想通貨デリバティブの提供をどのようにアプローチしていくか計画している。そして次のステップに進むためCFEは現在、取引のために追加のXBT先物契約をリストすることはありませんが、現在上場しているXBT先物契約は取引可能である。」

cboeは前途の通り、現時点で取引きされている3つの先物契約については取引可能であると説明しているが、2019年6月に期限が切れるようだ。

cboeのビットコイン先物取引について

cboeのビットコイン先物取引は2017年12月に取引の開始を発表。その後、シカゴ・マータンカイル取引所(CME)が競合他社としてビットコイン先物取引を開始した。

米国における初のビットコイン先物取引の提供開始であり、世界中から大きな注目を集めていたが、競合他社であるシカゴ・マータンカイル取引所(CME)が提供するビットコイン先物取引の出来高に及ばなかったことが、検討に至った理由と考えられる。

この発表に伴いビットコイン(BTC)の価格に変動はなく、3900ドル(約44万円)で価格推移している。

またcboeに関しては2月、一時的に審査を取り下げていたビットコインETF「VanEck SolidX Bitcoin Trust」を2019年2月20日に再び審査開始するとSECが発表しており、今後の注目はビットコインETFに集まることが考えられる。

SECは、シカゴオプション取引所(cboe)ビットコインETFの「審査開始予定日」を公開

2019.02.20

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。