仮想通貨取引所バイナンス、OKExに続きマルタ証券取引所とセキュリテイトークンの取引プラットフォーム開設へ

マルタ証券取引所デジタル資産部門の子会社であるMSX PLCは11日、中国の大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)と覚書(MOU)を締結し、ブロックチェーンや仮想通貨と繋がりが深いマルタ諸島にてセキュリティトークンの取引プラットフォームの開発を協力していくと発表した。


今回のセキュリティトークンの取引プラットフォームは、また締結時には、マルタ証券取引所の会長であるJoseph Portelliと、取引所バイナンスのCFOであるWei Zhou氏が、この書面(MOU)の署名者となり、バイナンスの既存のビジネスモデルとマルタ証券取引所の規制された証券取引所として26年の実績を兼ね合わせたプラットフォームになるとしている。

また、バイナンスのCEOであるCZこと、Changpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、マルタ証券取引所との提携に対して次のように述べた。

マルタは、アクティブで透過的な暗暗号通貨規制により、ブロックチェーンテクノロジーのグローバルな役割になっている。このパートナーシップにより、BinanceとMSXはセキュリティトークンを介してブロックチェーンテクノロジーの従来の金融資産を提供することができます。

世界でトップの取引高を誇るバイナンスは今年3月末、仮想通貨取引所として世界初となる、マルタ諸島でのオフィスを開設を発表。最近でも、リヒテンシュタイン公国を拠点とする仮想通貨取引所LCX(Liechtenstein Cryptoassets Exchange)と提携し、法定通貨建ての仮想通貨取引が可能な取引所、Binance LCXを新たに開設している。

中国の大手仮想通貨取引所Binanceがマルタ島に拠点開設

2018.03.25

セキュリティトークンの取引プラットフォームは他にも、中国でバイナンスに続く取引高を誇る大手仮想通貨取引所「OKEx」が今月19日、マルタ証券取引所(MSE)と共同でセキュリティトークン取引所「OKMSX」を設立することを発表している。こちらもすでに両方の基本合意書が発表されており、2019年第1四半期にマルタ諸島にてプラットフォームをスタートする予定である。

取引所OKEx、マルタ証券取引所と共同でセキュリティトークン取引所「OKMSX」を設立

2018.07.20

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。