バイナンス、中国ドメイン「.cn」を登録

バイナンス、中国ドメイン「.cn」を登録

世界最大級の暗号資産取引所バイナンスが、中国の国別トップレベルドメインである「.cn」を取得した。政府の公的記録によると中国の産業省と情報技術はすでに、バイナンスのドメイン名を承認しているようだ。

政府の記録では、バイナンスがShanghai Bi Nai Shi Information Technology LLCの下でドメイン名を登録したことも示されている。中国の暗号資産メディアChainNewsが報じたように、この会社の唯一の法定代理人であるJunxi He氏は、彼の名前で登録された他の2つの会社を有しており、この3社すべてが過去3か月以内に登録され、binanceと同様の発音の名前を持っているという。

しかし今回、明らかになったバイナンスのドメイン取得は、暗号資産取引所で使用されるわけではなく、ブロックチェーン関連のウェブサイトで使用する予定のようだ。実際にバイナンスはウェブサイト上で「世界をリードするブロックチェーンエコシステム開発者」であり、「ブロックチェーンテクノロジーの開発と商業化に専念している」と主張。中国で提供することを目指しているサービスは、コンサルティング、研究、開発、慈善、ブロックチェーン業界への投資が含まれている。また、ブロックチェーン、暗号資産、ファイナンスなどのいくつかの基本的な概念に関する一連の説明的なブログ投稿も含まれている。

今年3月にバイナンスは、非営利教育子会社であるBinance Academyがブロックチェーン技術の研究開発のための研究所を設立したことを発表。また同部門は中国上海政府と合意し、上海政府主導のブロックチェーンイニシアチブ『临港ブロックチェーン技術産業研究院』の設立メンバーとして加盟している。

もちろん中国最大級の取引HuobiもBinance Academyと同様、1年以上中国で運用されているHuobi Universityという名前の教育機関を運営しており、中国のブロックチェーン分野の環境が整備されつつある。

この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。